ここから本文です

胸騒ぎのシチリア (2015)

A BIGGER SPLASH

監督
ルカ・グァダニーノ
  • みたいムービー 51
  • みたログ 221

2.90 / 評価:156件

マリアンよく付き合ってたな。

  • Bayou さん
  • 2018年3月2日 16時52分
  • 閲覧数 2059
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

またダサい邦題をつけたなあと思って観たら、まさに胸騒ぎしっぱなしの映画でした。

まず、ハリー(レイフ・ファインズ)が現れて、ぺらぺらしゃべりだしたときに、ざわっとした気持ちにさせられます。

彼とマリアン(ティルダ・スウィントン)の近すぎる距離感や、
若さ特有のいじわるさを感じるペン(ダコタ・ジョンソン)、
そのうちペンの誘惑に負けそうな気がするポール(マティアス・スーナールツ)。

四人の絡み合う視線や思惑がひしひしと伝わってきて息苦しくなります。
たまに出てくるヘビやヤモリにもドキドキします。

ポールはハリーを殺すほどまで?と思いました。
以前自殺未遂を起こして、少々不安定なところがあるにせよ、小競り合いから我を忘れて本気の気持ちになるのかなー、そこの演出が弱い気がしました。

ハリーが亡くなってるのを見たときのマリアンのネジが飛んだような行動がシュールです。

同じ監督の「ミラノ、愛に生きる」でも、ティルダはそのような変身的な行動をとりました。

ラストの方で、ポールとマリアンが安心から思いっきり笑い合うシーンも、感情が極限になったときの人間の行動の滑稽さ、突飛さみたいなものを感じさせます。
それが監督のテーマなのではないかと思います。

冒頭のマリアンとポールが似合いすぎてて絵になります。
ファッション広告みたい。
ミラーサングラスがかっこいいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ