ここから本文です

恋するインターン ~現場からは以上です!~ (2015)

YOU CALL IT PASSION

監督
チョン・ギフン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 54

3.29 / 評価:41件

どこが恋してるんだろう?

  • illbeback1229 さん
  • 2016年9月10日 19時31分
  • 閲覧数 1343
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

 どこかでこの作品を韓国版「プラダを着た悪魔」と書いてあるのを見た。
 そして、題名やポスター、チラシの雰囲気が「マイ・インターン」を意識しているのは間違いないだろう。
 でも、題名は日本公開用に考えられたもので本当の題名は訳すと多分「情熱が何だ。」のはずなのでこれは日本の配給会社の女性客を取り込むための戦略だろう。
 自分はあまり興味がなかったけど、作品にチョン・ジェヨンが出演してたので遠出して鑑賞した。
 少し驚いたのは今日が初日なのにも関わらず上映回数が朝一番の回の1回しかなかった事だ。別に作品に日本であまり知られていない俳優がメインで出演しているわけでもないのに(むしろ韓国映画が好きな人は知ってる俳優ばかりだ。)疑問を感じたけど…観終わるとその意味が分かった感じがした。
 ハッキリ言ってしまえば面白くないのだ。
 内容は新聞社の芸能部に見習いで入った新人の女性がとてつもないドS上司に毎日怒鳴られながらも奮闘して成長していくというもの。
 自分は主人公のパク・ボヨンが演じるト・ラヒに共感が持てなかった。
 彼女はゆとり世代の女性なのか彼女の上司のチョン・ジェヨンが演じるハ・ジェグァンが他の部署の先輩も廊下やトイレですれ違ったら挨拶をするんだと怒ったら、「何故他の部署の先輩にも挨拶しなければいけないんですか?」と口答えしたのは自分は腹が立った。(他の部署でも先輩ならすれ違う時くらいは挨拶をするのは普通というか当たり前の事だと思うんだけど…自分が間違っているかな?)
 それと、病院の個室でSPに厳戒態勢で隔離されている男性芸能人の部屋に何とか潜り込み、その彼と接触出来た途端に彼の事を察しもせず気も使わず強引に取材しようとする態度もムカついてしまったし、彼女とベッドインしてる写真を渡すからある事実を漏らさないでくれとその彼が頼んだら、申し訳ない気持ちがあるのに自分の保身の為にそのベッドイン写真を記事にしたのも許せなかったし、仕事っぷりも正直頑張っているようには見えなかった。
 そして、邦題の「恋するインターン」って言ってるけど全然恋してる雰囲気ないし、この作品恋がメインじゃないし、先輩である同じ新聞社の彼氏もオマケみたいなものでいなくても作品に全く影響しないキャラだ。
 また何よりドS上司を演じてるチョン・ジェヨンを全然活かしきれてない。
 最初はそのドSぶりが合っていたように感じたけど怒鳴り過ぎて次第に飽きてきたし、何だかんだ言いながらも部下を守るいい上司なのかと思っていたら…確かに根はいい上司なのだと思うんだけれでもその守り方がきれいに観客に伝わってこないし、最後にビシッと決めるのかと思ったらあっけないしと宙ぶらりん状態にしちゃっているから実に勿体無かった。
 これは役者のせいではなく演出のせいも少しあるけど一番悪いのは脚本だろう。
 この出来では1日に1回しか上映しないのも十分納得出来てしまう残念な作品で、題名を気に入ってあの作品を連想して観に行く観客は後悔する事必至なので自分はおススメしたくない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ