ここから本文です

サウスバウンド (2015)

SOUTHBOUND

監督
ロクサーヌ・ベンジャミン
デヴィッド・ブルックナー
パトリック・ホーヴァス
レイディオ・サイレンス
  • みたいムービー 1
  • みたログ 22

2.48 / 評価:21件

期待せず見たけど

  • roc******** さん
  • 2018年9月14日 23時23分
  • 閲覧数 253
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

5人主人公がいる、という感じでオムニバス形式というタイプの映画です。

最初にパッケージの化け物が出てくるので、まあチープなんですけど後の展開とどう絡んでるのかというサスペンスになってて、意味不明な展開も合わせて良くも悪くも先が気になる、という作りがまず良かったと思います。

2人目の話がちょっと全体で見たらはみ出してて、何番煎じだよって感じで退屈でしたね。一応不死の呪われた存在とかがいる場所だよっていう説明にはなってるのかな。

3人目の話が中々面白くて良くできてますよね。いい人そうなおっちゃんが主人公なわけで、2人目の話からすぐに繋がる展開も面白いし、何より無人の町、無人の病院というのがビジュアル的にも怖いし、経験のない手術なんか無理ですよ。おっちゃんに感情移入してしまいます。頼れるのが電話の向こうの救急救命士だけっていうのも理不尽さと焦燥感があっていい。
この辺から「謎の声」が目立ってます。その土地の何か大きい存在なのかな。サイレントヒルをご存知の方ならなんとなく分かるかもしれないけど、何かしら罪を犯した人が囚われるような土地なんですよね舞台が。
このおっちゃんは罪から逃げずに人助けを必死でしようとしてたので、助かったしいい車も貰えたんじゃないかな。多分逃げてたら化け物に襲われてたってことでしょう。

4人目は失踪した妹をその土地で探している老いぼれが主役。不死の人々との戦いと、土地に縛られた妹を無理やり連れだそうとして失敗します。きっと償えないから不死なのかな?呪いですね。老いぼれも悪い人間じゃないので、ちょっとかわいそうでした。あのまま不死たちの言う通り帰ればよかったのかな。

5人目で話が結構分かります。ちょっとセクシーな女の子ティーンエイジャーが主役。家族旅行で来てしまったみたいですね。パパが何か罪を犯してるみたいで、「謎の声」がそれを途中で語っています。人形の仮面をつけた男たちに宿泊先で襲われるんですけど、パパに対する復讐みたいですね。男の一人の小さい娘に何かとんでもないことしたみたいです。けど女の子が存外強くて、襲撃者たちがスクリームばりにボコられます。けど敵わず殺されてしまう。殺された一家の身体から最初の話で出てきた化け物が現れます。裁きを与えるような感じなのかな。結局、男たちの内生き延びた二人は最初の主人公だったんですね。時系列を考えるとループの構造になっています。

監督がそれぞれの話でバラバラらしいんですけど、整理すると結構しっかりした土台があるんだなと分かります。ハイウェイが舞台ですが、皆そこで何かの罪と向き合わされている。それを認めて実直に行動すると道から出られるが、そうでない人は出られない。だからループしてるんでしょうね。次にこの道を走るのはあなたかもしれないよ、という世にも奇妙な物語のノリで終わります。

3人目のおっちゃんはもしかしたら映画でのループで抜け出せたのかもしれません。

まあ緩い感じで見た方が面白いタイプの映画です。細かいとこはチープですから、そこは期待せず雰囲気を楽しめば全然良作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ