ここから本文です

BLEACH (2018)

監督
佐藤信介
  • みたいムービー 426
  • みたログ 2,149

3.24 / 評価:1892件

誰だよアクションは良いって言った奴

  • tya***** さん
  • 2019年8月21日 21時18分
  • 閲覧数 1556
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

アクションは良かった!
というレビューが当時よく見受けられたけど
役者は体作りもしない。アクションの基礎も出来てない。
ワイヤーとCGと早回しでアクションに
勢いつけた気になってる製作陣。
「とりあえず形だけサラッとなぞってくれればいいんで」
って感じのアクションしかなかった。
雨竜の弓も酷い。

脚本もテンポもクソだった。
テーマをあちこちに作りすぎて(邦画にありがちな親子愛、一護の成長、葛藤)
話がまとまらず結果、テーマ皆無状態。
一定のテンションでつらつら〜っと
話が進むから盛り上がりが無い。
一護が成長して強さが目に見える過程って
こういう少年漫画やアクション映画では
かなり胸熱で盛り上がるシーンのはずなのに
一連のグダグダで
白目むいて見てました。
心は虚無。

もうミスキャストしかいなくて
心の中で悪態つきながらでしか
見てられないから
映画が終わった時には
心が汚れきってる。
杉咲花さんはあんなに演技下手だっけ?
舌ったらずすぎて出る度にシーンが緩む。
白哉は人間では再現不可能だ。
なぜMIYAVIさんにしたのかも見えない。
ずっと顎上げ、見下ろしがちで
ふわっ…と話すから空気が緩む。
あとごめん。鼻の穴にしか目がいかない。
ファンの方ごめんね。
後でちゃんとかっこいいMIYAVIさんをネットで調べるから。

日本実写って基本面白くないのは当たり前だけど
それ前提で「これ酷いwwww」
って笑いながら観れるのもある。
でもこのブリーチは何も得られるものが無い。
久々に怒りと呆れしかない日本実写だった。
監督が作品と映画づくりとファン含めた視聴者舐めてるのって
作品に出るんだよ。
これはそれが見えた。

評価できる部分をあえてあげれば
車の爆破と
早乙女太一さんの殺陣かな。
まぁ、恋次ではなかったけど。
刀の扱いと佇まいは流石で雰囲気あった。
恋次ではなかったけど。

長くなっちゃった。
あと2時間は語れるよ。
怖い物見たさの価値もないので
気をつけてね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ