レビュー一覧に戻る
アサシン クリード
2017年3月3日公開

アサシン クリード

ASSASSIN'S CREED

1152017年3月3日公開

bla********

2.0

ネタバレ疑問の多い作品

ゲームをやらずに見た感想としては、 まず設定として既に遺骸となった人間のDNAが生前時の個人の半生を記憶し留めているという前提で、そのDNAから過去の記憶を読み取るという技術が確立されたという事なのだろうか? その上でそのDNAが持つ故人の記憶を移し(映し)とる器として血のつながりを持つ者が必要とされた? まぁその辺は勝手に憶測で見ないとその先視聴しても意味不明なのでそうして置く。元々ゲーム経験者の為の映画なのだろうから大前提の説明を詳しくはやらないんだろうね。 主人公のアクションシーン、特にシャドーをしてる際など格闘の経験がどれほどあるのか?と思えるような感じが見受けられたが、過去のご先祖の記憶にダイブした時のアサシンでは素晴らしい格闘をしてるので先祖と現代の器の違いによるものを描写しているのか?その辺の説明は全くない。 囚われて人体実験にさらされてる施設内で終盤大規模の反乱がおきるのだが、主人公を含めた囚人側は殺すつもりの武装をしてるのに看守側が警棒で向かって行って囚人にバタバタ殺されて行くのだ。(警棒以外の武器を持つ看守が見られない) しかしその警棒らしき棒で殺される囚人が出てきて、その囚人が斬られるシーンは囚人の顔のアップだけで斬りつけたシーンの詳細は映っていない。一体どんな武器でやられたのか???

閲覧数1,762