2017年4月1日公開

レゴバットマン ザ・ムービー

THE LEGO BATMAN MOVIE

1052017年4月1日公開
レゴバットマン ザ・ムービー
3.6

/ 518

34%
26%
18%
7%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

町を守る孤独なヒーロー・バットマンのもとに、ロビンがやって来る。ところが、ロビンのあまりのお調子者ぶりに、二人は全く息が合わない。そんな中、ジョーカーが宇宙に閉じ込められていた悪者たちを脱走させ、世界の危機を救うべくバットマンとロビンは立ち上がるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(89件)

笑える12.8%楽しい12.1%コミカル11.8%かっこいい9.5%かわいい7.9%

  • hick

    5.0

    エンタメとして、コメディーとして、バットマンとして優秀作品

    【やばい演出力】 「レゴ・ザ・ムービー」同様に監督たちの演出が光る。リズムを刻むように次々と畳み掛ける展開と、コメディーの連続コンボが生み出す超高速テンポ。しかし、シーンによってはスローダウンし、テンポの緩急が素晴らしい。音楽は実写超大作並みのダイナミックな楽曲。ふざけるレゴたちと本格派の音楽の落差が面白い。後半では回想シーンなどを含め、前半の伏線を拾いドラマにつなげる。子供向けと割り切れない程のとてもゴッツイ演出力だった。 【視覚面】 「レゴ・ザ・ムービー」でもレゴの質感の表現が秀逸だったが、今作はそれに加え、空中戦での迫力が凄かった。ストップモーション演出も相まってCGとは分からない。が、今作も素早い接近戦の動きとなるとやはり少し分かりづらかった。 【やばいコメディー】 初っ端、ロゴから笑わせられた。ブルースの生活感がとても可笑しい(笑)。電子レンジとか笑った。生活感を出すと彼の孤独感も現れるという演出が絶妙で好き。字幕と吹き替え版の両方で見たが日本語脚本も秀逸。ロビン役の小島よしおを活かしたセリフの脚色が意外とハマってた。オリジナルのロビンは「元気なバカ」日本版は「天然なバカ」と言った具合で小島よしおの起用はいい味を出していたと思う。 【バットマン:孤独】 コミックや実写映画の極論が今作のバットマンと言えるほどに、ある意味忠実な設定。彼を突き詰めれば独りよがりでナルシスト。でもその裏には孤独と大切な人を失うトラウマ。「家族を作ることが最大の恐怖」と言われてしまう彼は、ドラマ「結婚できない男」の阿部寛のように一人でなんでも楽しむ。笑えると同時にバットマンのアイデンティティが詰まっていた。その"恐怖"を自認できるか、どう向かい合うかが鍵であり、劇中のセリフ通り「最大の敵は自分自身」という展開はとてもバットマンしてる。 【バットマン:生きがい】 「ダークナイト」でもお馴染み、ジョーカーの言う「you complete me」というセリフが全編に散りばめられ、バットマンとジョーカーの関係性が今作のテーマの一つに。ジョーカーは"バットマンに片思いするかまってちゃん"、対するバットマンは"関係性を認めようとしないイタい勘違い野郎"として描かれ、こちらも極端な脚色だが、マトをついている。悪と戦う事が無意識のうちに生きがいになってしまったバットマンの核心をついたコメディーだった。 【総括】 ファミリーコメディーとしての"ゆるさ"を許容できれば今作はコメディーとしてもバットマン作品としても優秀な作品だった。ティム・バートンが描いたバットマンの孤独、ジョエル・シュマッカーが描いた家族を持つ事と向き合う彼、クリストファー・ノーランが描いた彼のアイデンティティ、ザック・スナイダーが描いたスーパーマンへの嫉妬(笑)、その全てが詰まった今作はバットマン映画として傑作の一つかもしれない。

  • 名無しの権兵衛

    2.0

    つまんね

    つまらなすぎ

  • ame********

    3.0

    家族の大切さを描く映画なのか

    孤児院に金をばらまくバットマンは孤独

  • rak********

    4.0

    SDガンダムのような。。。

    ガンダムをSDガンダムにして 本作では描けないユーモアたっぷり の作品に仕上げて成功したように、 こちらもそんな感じの作り。 本作には感じられない 世界観を味わえる作品だと 思います。

  • kaijuya

    5.0

    傑作ホームコメディーの誕生

    レゴシリーズ映画も増産しすぎて正直、本家シリーズには劣る子供向けでは ないかと嫌遠していましたがあなどることなかれ。他は観ていないのでわかりませんが少なくてもこのバットマンに限っては脚本の展開とキャラの扱いが非常に上手でピクサー作品にも負けず劣らずで観終わった後非常に心暖まる作品となっていました。バットマンの知識をちょっとかじっておくといいかもしれません。 ロビンの吹き替えが「小島よしお」で腹立つウザキャラ演出になっているのも 元々人気の無いキャラですので腹立つくらいで良かったと思います。おせんちなジョーカー様もこれはこれで魅力的。宇宙刑務所のヒールキャラ達は年代によってはもう忘れてしまってピンとこない人たちもいるかもしれませんので再考の余地はあり。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
レゴバットマン ザ・ムービー

原題
THE LEGO BATMAN MOVIE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日