2017年9月9日公開

ダンケルク

DUNKIRK

1062017年9月9日公開
ダンケルク
3.9

/ 10,497

43%
25%
20%
8%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(1,489件)

勇敢15.6%恐怖15.0%絶望的14.3%パニック10.7%スペクタクル10.7%

  • npg********

    4.0

    無言なのがある意味いいのかも

    星4つつけるのは異例ですが楽しかったです。 ハリースタイルかっこいい! なによりもキャストがよかったです

  • matrix

    5.0

    ネタバレ例の問題

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • MEG

    4.0

    ネタバレこの淡々さが最高

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nat********

    3.0

    かなり微妙…

    監督はご存知、クリストファー・ノーラン。 彼の作品は本数自体少ないのでほぼ全て鑑賞済み。 5年前のアカデミーで3部門を受賞していてずっと見たかった作品。 ようやく鑑賞。 期待度が高すぎたんでしょうか? かなり眠くなってしまいました… 3つの視点の必要ってあったのかな? 監督が好きな時間軸の交差はどうも分かりづらい。 ダンケルクの物語自体が日本人に馴染みが薄いからか、背景の情報が何にもないのが辛い。 どれがドイツ軍なのかわからないし、人の顔もよくわからない。 余計な物語を作らずリアルを追求した結果なんでしょうか? ただ、没入感だけを考えれば先日見た「1917 命をかけた伝令」のほうがリアル感を感じれたかな?

  • str********

    3.0

    3つの視点どうなんだろ

    空(1時間)、海(1日)、陸(1週間)違う時間軸の3つの視点で救出する者・される者が交わるまでが描かれているんだけど、どれかをメインにした方がよかったかな。3つを同時進行の体で描くのは個人的にはどこにも思い入れできなくてマイナスだったと思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第90回

音響賞(編集)音響賞(調整)編集賞

LA批評家協会賞第43回

編集賞

基本情報


タイトル
ダンケルク

原題
DUNKIRK

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ/フランス

製作年度

公開日