ここから本文です

ザ・ヴィジランテ 世界最強の私設軍隊 (2016)

VIGILANTE DIARIES

監督
クリスチャン・セスマ
  • みたいムービー 16
  • みたログ 62

2.96 / 評価:51件

もうちょっと長めに出してくれんかの~

  • fg9******** さん
  • 2017年6月23日 16時23分
  • 閲覧数 1328
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは解説の次のとおりと書くまでもないが、取り敢えずは書いておこう。
 レビュー数は未だ1件のみだ。
 よっぽど人目に付かない作品なのだろう。
 『謎の男が、政府すらお手上げの巨大麻薬カルテルに乗り込み悪党を次々と葬り去る投稿動画をきっかけに、人々は男をヴィジランテ(私設軍隊)と呼ぶようになる。
 しかし、そのヴィジランテがアルメニアマフィアにとらわれてしまう。
 仲間のウルフマンらはヴィジランテを救出すべく作戦を敢行。
 世界中で戦闘を繰り広げる一方で、CIAエージェントが暗躍し……。』
 序盤から結構派手な銃撃戦があったり、ヴィジランテがアルメニアマフィアからエグイ拷問をされるシーンがあったりで、それなりに愉しめたが、ヴィジランテの仲間なのか悪党なのか立ち位置の判らない奴がいて厄介だった。
 この解説によると、その立ち位置の判らない奴はCIAエージェントということになり……でも、此奴がCIAの癖に核爆弾を設置するんだよな~。
 なんか、よ~解からん話だったな。
 よ~解からん話の中では、ヴィジランテの身重の奥さんが敵さんに捕まって、いつの間にか赤ちゃんを産んでいて、産んだばかりにしては凄い腹筋の肉体美だったなぁ。
 この奥さんが敵さんの女と一戦交えるところは若干見所があった。
 後は、バーのマスター役でダニー・トレホが一発ぶちかましたが、カメオ出演にしても、もうちょっと長めに出してくれんかの~。
 ヴィジランテのお助けマンの中では、ホモッケのあるコンピューターを自在に操るおっちゃんは多少の個性を感じられたが、それ以前に、肝心要の髭モジャのヴィジランテにあんまり魅力を感じられんかったな~。
 なんか、華がないという感じで……。
 で、2.4点の一見の価値はあった程度かな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ