レビュー一覧に戻る
未来を花束にして
2017年1月27日公開無料配信

未来を花束にして

SUFFRAGETTE

1062017年1月27日公開

********

4.0

女性参政権と法秩序

2015年。セーラ・ガヴロン監督。20世紀初頭のイギリス。参政権を求めて戦う過激な女性たちに巻き込まれた一人の主婦が、徐々に主体意識に目覚めて運動に身を投じていく話。法秩序を変えることがいかに難しいか。 洗濯工場で働く主婦という当時の女性労働者を象徴する主人公を描いているため、白い洗濯物がひらひらと舞い、蒸気があがっていて、全体的に画面が白っぽい。この「白」を追求するとおもしろい画面になっただろうなあ、と思いながら、当時の女性が置かれた奴隷的立場を庶民の変容を通じて告発する内容を追いかけていくのだが、次第に過激になっていく主人公の心の中の葛藤の具体的な処理が描かれず、展開はきわめて概念的、抽象的。つまり、なんで過激化していくのかよくわからない。映画のなかであまり重要を与えられていない女性活動の死で終わるというのもなんだか。。。

閲覧数1,027