ここから本文です

パリ、恋人たちの影 (2015)

L'OMBRE DES FEMMES/IN THE SHADOW OF WOMEN

監督
フィリップ・ガレル
  • みたいムービー 40
  • みたログ 61

3.77 / 評価:43件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2017年8月16日 22時42分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ときどき彼の作品を無性に見たくなる。
‘ポスト・ヌーヴェルヴァーグ’の監督のなかでも、本家の匂いをいまだに伝えてくれるから。
妻だったヴェルヴェッド・アンダーグラウンドの故ニコと撮った70年代の前衛映画は未公開作が多く、観てきたのは80年代以降の作品群である。
今作も73分と短尺ながら、名手レナート・ベルタのモノクロ映像の美しさや、監督やジャン=クロード・カリエールらとの共同脚本が上質で期待を裏切らなかった。
ある熟年夫婦がお互いの浮気のせいで危機に陥る。
ストーリーはありきたりだが、革命の時代が遠ざかった今、監督はただ純粋に男女の愛の本質という永遠のテーマを追求し続ける。
ウディ・アレンならコメディになる素材も、ガレル監督の手にかかればシニカルな文学になる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ