ここから本文です

母の残像 (2015)

LOUDER THAN BOMBS

監督
ヨアキム・トリアー
  • みたいムービー 56
  • みたログ 195

3.29 / 評価:144件

もやもやを残して和解する家族

  • 文字読み さん
  • 2019年2月17日 17時58分
  • 閲覧数 282
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2015年。ヨアキム・トリアー監督。高名なカメラマンだった母親の死から3年。回顧展を機に夫と息子2人がそれぞれ引き伸ばしていた「喪」を越えていく話。3人だけでなく何人かの内面に丁寧に寄り添いながら、しかし決して内面の叫びに終始することなく、客観的な社会の視点も踏まえた抑制した物語になっている。冒頭の誕生シーンから漂う不気味な不安を破裂させずに持続させ、ほどほどの心地よさで締めくくる手際は職人的。

逆から言うと、残された家族3人(と母の幻影)を載せた車が高速道路を走っていくラストシーンで、ほどほどに分かり合って心地よいエンディングを形成することもできるにもかかわらず、車は分岐点からカメラを離れて斜めあちらに行ってしまう。完全なハピネスでは終わらせずに小さな不安を残す映画的な手際。

お互いへの思いを言葉を通じて分かり合うのではなく、思いはすれ違っているのに、ただ現実が明らかになっていくときに側にいるということだけで分かり合えてしまうこと。しかも100%ではなくほどよく。このもやもやを残す手腕は秀逸と言わざるを得ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ