ここから本文です

母の残像 (2015)

LOUDER THAN BOMBS

監督
ヨアキム・トリアー
  • みたいムービー 56
  • みたログ 197

3.27 / 評価:146件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2017年7月15日 13時21分
  • 閲覧数 811
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督はラース・フォン・トリアーの甥、長編3作目にして本邦初公開。
なるほど、映像へのこだわりはおじさんゆずりのようで。
高名な戦場カメラマンだった母(イザベル・ユペール)が事故で亡くなり、残された夫、息子兄弟の喪失感を描く。
育児放棄気味だった妻に代わり家庭を支えてきた夫(ガブリエル・バーン)、子どもが生まれたばかりなのに心が落ち着かない兄(ジェシー・アイゼンバーグ)、思春期盛りの弟(デヴィン・ドルイド)が、彼女の秘密を知り各人各様に思い悩む。
役者は皆好演、映像的にもかなり練られていて観るべき作品にはなっている。
それでも隔靴掻痒感が残るのは、母親と彼らの接点が今一つ曖昧だからだ。
将来性に期待して、評価は3.5★。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ