ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

母の残像 (2015)

LOUDER THAN BOMBS

監督
ヨアキム・トリアー
  • みたいムービー 56
  • みたログ 192

3.28 / 評価:143件

解説

鬼才ラース・フォン・トリアーのおいで、『オスロ、8月31日』などのヨアキム・トリアー監督作。第68回カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭に出品された。亡くなった戦争写真家の回顧展を準備する夫と息子たちが、彼女の未知の一面と死の真相に触れる。『チリ33人 希望の軌跡』などのガブリエル・バーン、『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグらが出演。家族を深く見つめた物語に注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

3年前に事故とも自殺とも言い難い不可解な死を遂げた写真家、イザベル(イザベル・ユペール)。その回顧展のため、彼女の息子ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)は実家にいる父ジーン(ガブリエル・バーン)と引きこもり気味の弟コンラッド(デヴィン・ドルイド)と久々の対面を果たす。それぞれがイザベルへの思いを話しながら準備を進めていくうちに、これまで知ることのなかった彼女の素顔や秘密が浮かび上がっていく。それらに戸惑いながらも、改めて彼女の死を受け入れようとする彼らだったが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)MOTLYS - MEMENTO FILMS PRODUCTION ? NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved
(C)MOTLYS - MEMENTO FILMS PRODUCTION ? NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved

「母の残像」家族とは何か?母親の死から派生する物語が提示する家族の概念

 戦場カメラマンとして世界中を行脚し、必然的に留守がちだった母親が、ある日突然、交通事故で旅立ってしまう。それから3年後、残された夫と2人の息子の日常に寄り添うカメラは、各々の方法で悲しみを消化しようとしてもし切れない、男たちの無様な様子を静かなタッチで炙り出していく。

 かつて、家族との時間を優先するために俳優業を畳み、教師に転職したはずの父親は、独り身の淋しさを安易な手段で満たしている。勉学優秀で早くから家を出た長男は、久々に戻った実家で時間の空白を埋めるのに苦慮しているし、誰よりも繊細な次男は、父親との会話を頑なに遮断して、大好きなゲームの世界に引き籠もったままだ。

 しかし、母親の回顧展開催を機に、改めて家族が彼女の死にまつわる疑惑に向き合おうとした時、実は母親自身も、安らぐべき我が家に自分の居場所を探しあぐねていたことがさりげなく明かされる。家族とはそもそも、個々が感じる距離感と温度差が混じり合う場所。1人の死から派生する物語が提示する家族の概念は、肌触りは冷たいけれど、ひしひしと身に染みて説得力がある。

 やがて、父親は自らの不始末を精算し、長男は空白の時間から本来の自分があるべき姿を発見する。そして、問題児だった次男は、苦闘の果てに、ようやく、空想の世界で愛しい母の残像と心置きなく寄り添える術を見出す。家族とはそれでも、忘れがたい記憶と共に永遠に続く時間の集合体。それもまた、紛れもない真実なのだ。

 ラース・フォン・トリアーを叔父に持つ監督が初の英語脚本、アメリカでの撮影に挑戦した本作のために集められた俳優陣の中で、イザベル・ユペールの存在感が傑出している。特に、シミやソバカス、皺を隠そうともせず、否むしろ、堂々と晒しながら、じっとこちら側を凝視する美しい顔のクローズアップは、家族の思い出の中でのみ躍動する母親の溢れる感情を表現して余りあるものだし、同時に、発信源としての映画の可能性をも象徴しているかのよう。「私を見て! 映画を見て!!」少し充血した眼の奥から、そんなユペールの叫びが聞こえてきそうだ。(清藤秀人)

映画.com(外部リンク)

2016年11月10日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ