ここから本文です

14の夜 (2016)

監督
足立紳
  • みたいムービー 89
  • みたログ 273

3.83 / 評価:221件

カッコよくなれるように頑張りたい

  • dis***** さん
  • 2018年7月10日 1時30分
  • 閲覧数 1072
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

見ていてちょっと辛かったです。
思春期当時、竹内みたいに自分も不良が怖くて仲間を裏切ったことがあったし、それに今現在もこの父親みたいにかなり卑屈で落ち着かなくて情けない大人なので。
思春期にイヤなことから逃げてきたから、いまも自分を誇れない大人なのかもしれません。

ただ、この映画自体は面白かったです。
手下の男の子が実はホモで、行く手に立ちふさがり、鋭いパンチを見舞って、最後には奇声を発しながら去っていくあたりは、テンポよく予想外の展開で良かったです。
婚約者が来訪して、父親が全く空気を読まずに醜態をさらしまくるのももはや痛快でしたね笑
後半、不良グループと揉めてる際に「おっぱい揉ませろ!!!!」と糞度胸だしたのも、感動的でした。

しかし、糞度胸だして自分に打ち勝った主人公には救いがありますが、大人の自分としては、父親のほうにも救いが欲しかったですね。
情けない大人のままで終わってしまいました。
「父さんカッコ悪いか?」
「すげーカッコ悪いよ、でもカッコ良くなって欲しいよ」
と子供が望む通り、いまからでもカッコ良くなろうと頑張るしかないんでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ