ここから本文です

沈黙 -サイレンス- (2016)

SILENCE

監督
マーティン・スコセッシ
  • みたいムービー 1,913
  • みたログ 6,086

3.94 / 評価:4896件

映像、演技、演出―全てに圧倒されるばかり

  • エル・オレンス さん
  • 2020年11月30日 20時22分
  • 閲覧数 489
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)、『SAYURI』(2005)と、日本を舞台にした外国映画は、本国では低評価の傾向がありますが、この『沈黙』はかなりの高評価を博しています。確かに先の2作に比べ、違和感などが全く感じられない、実に自然な仕上がりだと思います。

いやぁ改めて、マーティン・スコセッシは凄い才能の持ち主ですね。これが、あの『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)の次作とは信じられない・・!(笑) ですが前作とはまた違った形で、息を呑む映像美、気迫溢れる演技、壮大なカメラワーク演出の全てに圧倒され、引き込まれっ放しでした。冒頭のショッキングな拷問シーンから、渡航、浅野忠信との出逢い(個人的に彼のベストアクト)、リーアム・ニーソンの登場(着物似合い過ぎでしょw!)、そしてラストの殉教まで、一瞬たりとも目が離せない脚本の威力も凄まじいです。全編通して音楽がほぼ皆無で、エンドロールすら自然の音のみ流す演出なのも、本作の世界観を昇華していて素晴らしいです。

正直、これほど中世期の日本を力強く美しく撮れる邦画って、今の時代にありますか・・?日本の情感や信念を見事に映像で表現したM・スコセッシ監督に敬意を払います。

70歳過ぎても全く才能の衰えを見せぬどころか、ますます飛躍していく彼の才能にひれ伏すばかりです!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ