ここから本文です

ダーティ・グランパ (2016)

DIRTY GRANDPA

監督
ダン・メイザー
  • みたいムービー 204
  • みたログ 841

3.36 / 評価:634件

『生きる』意味とは? 人生の価値とは?

  • ken***** さん
  • 2021年4月12日 12時31分
  • 閲覧数 103
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画としては単純に、恐れを知らないグランパの痛快さが、コメディとしては
それなりに楽しめるでしょう。
ですが全般を通して「お下劣」ワードのオンパレードなので、表向き「お下品」な
映画が苦手な人には、正直オススメできません。(笑)


1943年生まれのデニーロは、アメリカでの公開当時、既に御年72歳!?
(スゲーわ。)
吹替の野島昭生さんも「ナイトライダー」のKITT役でしたから、こちらも
時代の流れを感じます。


でもこの作品の真の価値を、今の日本人が理解するのは、少し難しいかな?
とは言っても、そもそもこれはアメリカの歴史や文化、社会問題といった背景だけを
描いた作品でもないのです。



 あなたは今、幸せですか?
 もしそうでないとしたら、その真の原因は一体何だと、
 あなたは「思い込んで」いるのですか?



この映画の正体は、個性の全く異なる登場人物を対比させ、人間の本質を両面から
描くことにより、相互尊重と人類の平和をも訴えている、隠れた秀作。


30代、40代、50代、そして退職後、晩年・・・。
人生の各ステージでその都度見返せば、その度に価値感が変わり、その意味が
少しずつ解ってくる秀逸作。
見る者の年代や社会的な立場、そしてその人の価値観、個人の見方によって、
その性質がガラリと変わると言っても過言ではない数多くの仕掛けや象徴が、
そこかしこにちりばめられている。


「人生」とは何なのか、そして「正しい」とはどういう意味なのか。
「身内」とは? そして「敵」の定義とは?

 今のあなたの友人は、最初からあなたの友人でしたか?
 逆にあなたが敵視している人は、あなたが生まれた時から敵だったのですか?

 情報操作や印象操作に簡単に引っかかり、煽りや吊し上げに加担したり、
 デマや誤情報が流布するのは、それらを何の疑いも無く鵜呑みにしてしまう人達が
 決して未だに少数派ではない、という確たる証拠なのです。


「身内」での足の引っ張り合いの応酬で、誰か得をしている人はいますか?

 今はまだ直接は目に見えていない大きな力に、今後も足下を掬われないよう、
 その備えは十分にできていると言えますか?


雨風や寒さ、飢えや病気を凌ぐ手段が確保されている現代社会、特に先進国において
文明が進歩し続ける一方で、悲しい事件や事故が一日たりとも絶えた日が無いのは、
一体何故なのか?
その答え、つまり本当の意味での人生の勉強とは、人から教えられるものではなく、
自分自身で「悟る」しかないのです。


仏教用語であるはずの「説教」に、しかも丁寧語の接頭辞である「お」を付けると
一体どんなニュアンスに変わるのか?
いつの時代も小言や老婆心が若者には響かず、そして自分自身が結婚し、やがて
子供を生み育てるようになってから、ようやくその真意やありがたみが解るように
なるのも、その根底は同じ事。


さて、今現在のあなたにとって、それらを我が身に置き換えて考えた時、この映画は
あなたの心に、一体どのように映るのでしょう。

映画という存在そのものに対し、単なる娯楽目的だけでなく、そういったニーズや
人生経験を求める人や、直接は描かれていない裏テーマを深く読み取ることができる
人にとっては、大いに価値のある作品。

「お下劣」の仮面の裏に潜む、真の狙いとその眼差し、そして明らかに違和感のある
シーンが本当は何を揶揄しているのかを見極めてみるのも面白い。
それがこの映画の本当の楽しみ方、とも言えるでしょう。



『DE OPPRESSO LIBER』

無知や誤解が原因で、そして一方的な思い込みや価値観の押しつけで、
悲しい思いをする人々が少しでも減ることを願って・・・。



↑繰り返しますが、これは単に社会問題だけのハナシではないのですよ?

 せっかく映画を見るのに2時間近くも費やすのですから、その時間を無駄にするか
 どうかは、実はあなた次第とも言えるのです。

 「R指定」ってのは、そういう意味でもあるんです。
 作品の方が「見る者を選ぶ側」であることを正しく認識して下さい。


 コドモに辞書を与えても、「字ばっかで面白くない」とか、百科事典を読ませても
「つまらない」という「つまらない感想」しか返ってこないのと、その本質は実は
 全く同じなのです。

 なので、ここに書かれていることが理解できない方は、
 是非ともこの映画を見ないことを強くオススメします。



 この映画が、あなたの人生に豊かさをもたらしますように。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ