ここから本文です

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 (2017)

JOJO'S BIZARRE ADVENTURE: DIAMOND IS UNBREAKABLE

監督
三池崇史
  • みたいムービー 726
  • みたログ 7,217

2.73 / 評価:6402件

スタンドだけはいい

  • nar***** さん
  • 2020年9月26日 4時35分
  • 閲覧数 1460
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず散々言われている事だが、舞台が海外なので全くと言っていいほど世界観に合っていない。
日本という設定で日本語の看板が立ち並ぶのにどうみても海外の街並み。
更には家にも土足。でも看板には 寿司 とか書かれてたりする。違和感の塊。

キャストがミスキャスト。
康一は演技が上手いだけで康一というキャラには合っていない。仗助は喋り方から演技から見た目まで論外。承太郎はちょっと見た目が老けすぎ? オラオラの滑舌はいい。
ドラララの滑舌もどうにかならなかったのか………

まあそれでも中身が良ければ救いようがあるというもの。
肝心の内容だが4部の明るい雰囲気は微塵もなく、最初から最後まで終始暗い。肝心のバトルシーンはスタンドこそいいものの、迫力に欠ける。
スムーズに進めるためか改変も目立つ。
あと時間の割り振りにも問題があると思う。序盤のアンジェロに時間を割きすぎていて、そこはそんなに時間をかけなくてもよかった…
爺ちゃんのシーンも山崎賢人の棒読み大根役者っぷりで中身が入らず。
ブランデーの伏線を張ったことはいい補完だったと思う。
アンジェロも、山田孝之は演技派だがあの凶悪犯で悪びれていないような少しおちゃらけた雰囲気だから最後のアンジェロ岩でざまあwwとなり笑えるんだが、それも出ていない。ただの真面目。これもミスキャストだった。

虹村形兆戦。
岡田将生は割とハマっていたように思う。でもやっぱりバトルシーンはド派手さはなく地味。
康一の出番を増やす為だろうが、肝心のセリフがカットされて動けなくなったり仗助が情けない。億泰の出番が全体的に少なくなっている。
原作やアニメは個人的にもすごく好きなシーンで、ラストなんか特に涙腺にも来る。ファンからの人気も高いシーンだと思う。
それなのにバトルを見終わってもいいもん見たなって気分にならない、逆にすごい。
最後のシアーアタックも必要だったか?と思う無理矢理具合。次に吉良吉影戦をやりたかったんだろうな。

全体的にいいところがないので原作もたいして知らない(もしくは思い入れもない)ようなメンツが作っているのかと思った。
音楽も全体的に暗く作られていて4部には合っておらず微妙。
意外と楽しめた、というレビューを信じて見たものの、原作やアニメの出来の良さや、各キャラクターの深みを知っていたらこの薄っぺらい映画では楽しめないだろう…
4部をチョイスしたことは正しいと思う。一番やりやすいはず。でも原作へのリスペクトが足りなかった。
興行収入が良くなかったのも頷けるし続編が作られることもないだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ