ここから本文です

ビリー・リンの永遠の一日 (2016)

BILLY LYNN'S LONG HALFTIME WALK

監督
アン・リー
  • みたいムービー 56
  • みたログ 197

3.40 / 評価:149件

一風変わった視点で描いた戦争社会派ドラマ

  • bat***** さん
  • 2020年8月11日 7時46分
  • 閲覧数 309
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦争から帰還した兵士を主人公にしたドラマ。

湾岸戦争で英雄的行動をして凱旋帰国した主人公は、家族の歓迎や地元の名士による歓迎でイラクへ戻ることを迷うようになる。
しかしたった1日の本国滞在で、その感情は思ってもいなかった方向へ揺れていく、といった物語。

国のために命をかけてきた人たちと、その事実を知っていながらも自分とは無関係と考えている人たちのギャップを上手く観せていると思います。
特にスーパーボウルのハーフタイムショーでのお祭り騒ぎは、一見主人公たちの凱旋を喜ぶような演出でありながら、単なるマスメディアによる話題作りにしかなっていない。
家には戦争に反対する父や姉がいて、外では上辺だけの感謝をされる。
そして主人公は、祖国の人たちが心の底では命を張った自分たちに感謝などしていないことに気付いてしまう。
結果的に選んだのは、生死を共にした愛する戦友達と共にイラクへ戻ること。
「戦闘をすることが自分から生きている証拠」と、感じてしまうのも一種のPTSDなのでしょうか?

戦争をテーマにしているとはいえ、主人公がフラッシュバックするところ以外は、戦闘シーンをほぼ観せないスタイルの映画ですが、なかなか重たい一本でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ