ここから本文です

エゴン・シーレ 死と乙女 (2016)

EGON SCHIELE: TOD UND MaDCHEN/EGON SCHIELE: DEATH AND THE MAIDEN

監督
ディーター・ベルナー
  • みたいムービー 91
  • みたログ 178

3.41 / 評価:125件

自己表現に生きる画家

  • mottainainer さん
  • 2018年9月13日 14時18分
  • 閲覧数 454
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

シーレの台詞から人間性のあるニュアンスが伝わってこず、自己中に感じられた。
英語を介して訳しているからかな。

それにしても凡人には評価しにくい画風。
なんのために、誰のために女性をデフォルメして描いているのか理解できませんでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ