ここから本文です

エゴン・シーレ 死と乙女 (2016)

EGON SCHIELE: TOD UND MaDCHEN/EGON SCHIELE: DEATH AND THE MAIDEN

監督
ディーター・ベルナー
  • みたいムービー 92
  • みたログ 178

3.41 / 評価:126件

天才だからね、いいんだよ、これで。

  • ma8***** さん
  • 2017年5月23日 19時18分
  • 閲覧数 1099
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

孤高の天才、シーレの絵が好きなんで、おまけに、シーレ役の俳優の目がステキ(^o^)って理由で観ました(^^)

パガニーニの映画もそうだったけど、

芸術家や天才なんて、酒かクスリか女かギャンブルに溺れて、哀れな末路みたいなのが、定番ですが、

まぁ、そこを裏切らない一生
なんだなーと。
絵には真摯で、自分に正直に生きたシーレだけど、

ヴァリと泣きながら別れるくらいなら、どうして、あの妹の方と結婚したのか、よーくわからなかったなー。

ヴァリは第2の女で許してくれるって思ってたフシがあるけど。

退屈そうな女だったし、芸術を理解しそうもなく、シーレが惹かれる訳がわからなかった。

お金の援助とかあったんかなー。
それだと、ちょっとガッカリ。

天才だから、いいのです。笑。

映像や、景色はとても美しくて満足しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ