ここから本文です

上映中

チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ (2017)

監督
河合勇人
  • みたいムービー 502
  • みたログ 1,909

3.54 / 評価:1,698件

「ホントの話」の割に過剰な脚色ドッチラケ

  • hoi***** さん
  • 2017年3月21日 9時11分
  • 閲覧数 1588
  • 役立ち度 147
    • 総合評価
    • ★★★★★

確かに「大衆娯楽」ですからね。

チアダンスというのはいわゆる「チアリーディング」とは
違ってアクロバティックな要素は少ないのでダンスが
出来る女優さんならこの映画のように何とかカット割りを
編集で繋いで誤魔化すことは可能ですし、それはそれで
「大衆娯楽」として楽しめば十分と思います。

でも、この映画を「ホントの話」として銘打つのは
ちょっと違う気がしました。
中身はいわゆる「ただの学園ドラマ」で、実際に
全米を制覇するまでの苦労という「大事な途中経過」が
かなりおざなりです。結果が見えてるだけに最後に
どうなるのか?というドキドキ感も全くありません。
なのでいくら頑張って練習した女優ダンスを見ても
カタルシスが無い。無理やり盛り上げようとする
アナウンスが煩く感じるのも演出としては大失敗です。
こんな事を書くから「評論家じゃない!大衆娯楽!」
なんてしょうもない意見が出るんでしょうね。
でもその程度なんですよ。

こんな陳腐な演出ばかりで作り上げるくらいなら
正面からドキュメンタリーを作った方が何倍も
感動する話だと思いました。脚色で劣化させた悪例ですね。

日本テレビの「笑ってコラえて」で、時々やる特集に
「全国リアリーディングの旅」っていう、似たような
ドキュメントが有りますが、そっちの方が何倍も面白いと感じてしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ