ここから本文です

太陽の下で -真実の北朝鮮- (2015)

V PAPRSCiCH SLUNCE/UNDER THE SUN

監督
ヴィタリー・マンスキー
  • みたいムービー 64
  • みたログ 127

3.67 / 評価:100件

発見がないドキュメンタリー

  • gra******** さん
  • 2017年2月10日 1時37分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

唯一の見どころはスタッフが仕掛けた隠しカメラによる「メイキング映像」。

画面に現れる平壌の街並、市民の映像は見慣れたもので目新しいものは何もない。これは恐らく日ごろ北朝鮮や拉致事件に関心が高い日本人であれば誰しもが感じるに違いない。なぜなら映画で見られる映像は日ごろ日本のテレビ報道でよく目にする映像と変わりなく特に珍しいものではないからだ。だから映像には発見はない。
但し、日ごろ北朝鮮情報に疎い欧米諸国では貴重で珍しい映像かもしれない。そういう意味では日本よりも欧米での評価が高いかもしれない。

本番の映像の合間に隠し撮りされた「メイキング映像」が唯一の見どころであり、またこの映像にだけ価値がある。その隠し撮り映像にあるラストシーンで、主演の女の子が漏らす本音や口ずさむ歌は絶望的で、北朝鮮に生まれなかったことをあらゆる神に感謝する心が自然と生まれることをあなたも経験するだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ