ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (2016)

MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN

監督
ティム・バートン
  • みたいムービー 792
  • みたログ 3,226

3.67 / 評価:2,400件

物足りないファンタジー

  • jts***** さん
  • 2019年3月2日 20時15分
  • 閲覧数 821
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 劇場公開時に見逃してしまっていて、漸くブルーレイにて鑑賞しました。ティム・バートン監督の作品だから観たかった訳ではなく、予告編の内容がとても良くて面白そうだったので前から楽しみにしていました。
 しかし結論から言いますと、もうひとつ突き抜けていなかった感じがしました。基本的には子供向けのストーリーと世界観だと思うのですが、後半はホラーっぽくて特に異能者の眼球を食べるシーンはちょっと引いてしまいます。
 時間ループの設定や、バロンたちの目的と手段、ループ内での主人公と祖父の関わり合いなど分かりにくい部分もあって、辻褄が合っているのかどうか気になってしまう所もマイナスに働きます。
 ミス・ペレグリンも意外と活躍せず、ジュディ・リンチさんもあっという間に居なくなってしまいます。存在感があったのはバロンを演じたサミュエル・L・ジャクソンさんだけでした。こういう悪役をやらせたら一番ですね。とてもいきいきしていたと思います。
 やっぱり残念なのは主人公の能力が「ホロウを見ることができる」だけって言う所でしょう。主人公にしてはちょっとがっかりですよねー。まあ等身大の、観客と同じ目線の高さといえば共感出来なくもないけど、やっぱり映画の主人公だからカッコいい所を見せて欲しいところでした。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ