ここから本文です

花戦さ (2016)

監督
篠原哲雄
  • みたいムービー 786
  • みたログ 1,853

3.61 / 評価:1309件

黒も赤も金も、それぞれが素晴らしい。

  • kik***** さん
  • 2017年7月15日 11時02分
  • 閲覧数 499
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルどおり、お花が凄く素敵な映画で、見終わったあと華道がしたくなりました。
登り龍の松、すごかったなー。
華道の木が切って繋いだりすることもはじめて知りました。
あまり説明的ではないのですが、花の持つ力が映し出されてて、、花を通して、利休さんの思いや、秀吉の苛立ち、蓮の思い、町民たちの思いなど。。
秀吉の非道さでかなり亡くなりましたが、全てを包んで、花で勝負した専好さんのラストが泣けました。
黒も赤も金も、それぞれが美しく素晴しいんですよね。

大御所だらけの配役に、蓮役のこが瑞々しくて、そこもお花ぽくて良かったです。生きてて良かった。

ただ、、専好さんはADHDだったのでしょうか?
昔だし、好きなことを極めれたらそんなことは些細なこなんでしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ