2017年3月25日公開

サクラダリセット 前篇

1032017年3月25日公開
サクラダリセット 前篇
3.1

/ 468

20%
22%
25%
15%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(86件)


  • 山本源柳斎・景厳

    2.0

    ネタバレ冒頭10分見終えて、もうキツイ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    1.0

    まじでやべえ

    これ、後編をどんな気持ちで観ればよいのか? 辛すぎる… 何が辛いって、前編観て、ひとつも面白さを感じれなかったから。 酷いお芝居の役者陣、最初から意味不明のシナリオ、能力の面白さというか、見せ方をなんの工夫もしなかった演出、それを組み合わせてのカタルシスのカケラもない構成。 ラストもなんのフックにもなってない。 勝手にエンディング曲かかれば終われると思うなよ! ここまでに続編を観たくないと思った作品も珍しい。 もっと無駄な間を詰めてテンポ出せば絶対に一本で終わってる。 だからといって面白くなるとは思えないが。 邦画によくあるアニメは面白いのに実写は…と言われるやつ。

  • dec********

    5.0

    ちょっと複雑だが

    楽しく見れた。 こういう特殊能力物は大好きなので、ワクワクできた。 やはりベースはX-menなんだろうが、特殊能力が斬新で、使い方も工夫が見られたので、オリジナリティが高くて素晴らしい。 ただ、ちょっとストーリーが複雑。何かわからんうちに次から次に?がいっぱい出てきて、登場人物も増えてきて、最初は少しイライラした。 細かい説明はあまり無い…まあ、徐々に理解はできるのだが、できれば原作やWikipediaなどで事前知識をいれてる方がより楽しめるかも知れない。 キッチリと切りのいいところで前編が終わったのも好感度大。後編が非常に楽しみ。

  • jac********

    2.0

    苦行ムービー

    設定と推理を淡々とトーンの低い説明台詞で繋げてあるだけで、映画っぽい動きで魅せるシーンは少なく、音楽も控え目。それどころか高校生なのにみんな表情筋一つ動かない。一言でいえば暗い。 荒唐無稽な話を抑揚のない演技で悪テンポで観せられると徐々に集中力が奪われる。能力を駆使した話が細々と展開するが、最終的に全部どうでもいいよと言いたくなる。 とにかく笑顔一つないからアイドル映画としてもほぼ見どころなく…ただ辛い。苦行ムービー。 2時間寝た方が眠気スッキリ身体はリセットされると思うのでそちらの方を強く推奨します。

  • 週末社長ゆず

    3.0

    金髪の演技が大根すぎて冷める

    特殊能力を持った高校生のお話。 説明ばかりで複雑。 演技や演出で理解させて欲しいのに、 何かの取説を読んでるかの如く説明が続く。 なにより金髪の高笑いが下手すぎて、 せっかくの感動場面が台無し。 ちゃんとオーディションしてないな。 平愛梨をリセットしてあげられなかった苦悩を 背負ったまま生きるくだりは、いい話なのに、 それを演出できてないのは演出家のミス。

  • sss

    2.0

    前後篇早回し

    ややこしさはあるが面白味は薄い。/4.5(202011)

  • かねやま

    1.0

    クソか

    平のミュージカルでやれやって演技にクソ苛つかされっぱなしで平出てくる度に病むレベルで苦手な演技しとった 野村周平?もどうしたよ 誰一人として魅入ってしまう映画らしい演技じゃなくて反吐が出た。宝塚のがまだマシ

  • ico********

    5.0

    ネタバレ面白い!ただ、原作未読だとややこしいかも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    3.0

    ある意味平均点

    舞台設定の時点で何でもありなのでお花畑展開なのかなと思いきや、話の流れは理路整然とした感じで進む。 面白いのかつまらないのか微妙な空気感漂うが、逆に先が気になって見てしまった。 前後編見るのはきついかなと思ったものの意外と早く感じた。 ただ、何が面白いかとも言えないイメージはある。

  • みやじゴロー

    5.0

    お子様も安心の愛と恋の超能力バトル!

    タイムリープと超能力バトル。 ひとりの男を取り合う女の子同士の静かな戦い。 うん、男性としてはこんなに楽しい題材はないよねヽ(´o`うふふ 超能力バトルなのに繰り広げられる頭脳戦は暴力的なシーンがほとんどなくて、新しくて新鮮な感覚。 登場人物の全てが『自分のため』に動いるのに『自分のため』仲間になって協力していく姿はこれからを生きる人の、人間本来の姿なのかもしれない。 悲しみを消すために能力を使う人。 誰かに必要とされるために能力を使う人。 自分の正義のために能力を使う人。 大切な人を生き返らせるために管理局と戦う人。 大切なヒーローの気をひくために能力を使う人。 美しい人を守るために能力を使う人。 罪を償うために能力使って働く人。 そして両親や友達を救うために能力を使う人。 この物語は子を守るために『自分たちを犠牲にして』能力を使った人たちから始まる。 それを結果的に救うのが親を捨てて生きる主人公というのは、なんとも皮肉な現実なのかもしれない。 彼だけは何のために能力を使うのか描かれていない。 ただ根底に描かれているのは、親子の愛なのかもしれない。 親は子を思い、子は親を救うために動く。 それとは関係のない、主人公のわがままで『能力を支配』しようとしている。 いや、どっちが敵だかわからないw でも、そのわがままは美しく、『自分のため』に動く人々が集まり、美しい結果を作り出していく姿は、爽快としか言えない。 ボクは黒島結菜ちゃん目当てで見たけども、平祐奈ちゃんの声と表情にメロメロになってしまいました。 ひかえめに流れる音楽と穏やかな台詞回しが脈々と描かれている『親子の愛』を表してる感じがして好きです。 親の愛に包まれながら描かれる若い世代の恋愛は、見ていて気持ち良かったです。 名作だと思います。 意味のわからなかった若い世代の方は、大人になってもう一度見て欲しいと思います。

  • 笠原茄椅菰

    4.0

    アニメ版が意味不明なので。

    分かりやすくなっているのは良いです。 尺が短くなったので、そう言うことか。と、導入しやすくなっています。 星4は分かりやすい。というところのみですね。 話自体は誰かが死んでしまうことを必死に回避したい主人公。と言う事だけはよく分かります。

  • kom********

    2.0

    よくわからないお話

    能力?のある人たちがいるっていうのはわかるんだけど、主人公の男の子が何でその街でひとりで生活してるのかがわからない。電車から連れてこられたの? そのほかよくわからない事だらけ。 あらすじでおもしろそうと期待したけど、それほどでもなかったです。

  • k_k********

    1.0

    ネタバレ面白く作ろうと思えばできただろう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まこたん

    2.0

    ネタバレ評価思いの他高い。自分が悪いのか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sak********

    5.0

    抑えた感じが、なんかクセになる

    意外と最後まで面白く見れたし、青春臭くて、ニヤつきながら、後味悪くないから、いい映画でした。アクションや、SF過ぎなくて、好きです。野村周平いいんじゃない〜嫌いじゃない

  • gor********

    3.0

    おお、惹かれる

    なんとまぁ、小悪魔的な声と顔。フアンになりそう。

  • nyj********

    4.0

    リセットしまくった結果は後篇に続くのです

    いろんな能力がこの街だけで発揮する。この発想で何でもありの話が展開して行く。手前勝手な映画ではあるが男女若手俳優たちが頑張って演じているので気持ちがいい。後半の展開が全くわからない前篇である。なので本作だけでも楽しんで鑑賞できます。

  • ぞうさん

    3.0

    新田真剣佑と広瀬すずなら・・・

    原作未読。かつての少年ドラマシリーズの「タイム・トラベラー」や「未来からの挑戦」を彷彿させるような演出だった。 タイトルの通り、新田真剣佑と広瀬すずの共演だったら、集客は望めたかもしれない。野村周平と黒島結菜では、インパクトが弱かった。平祐奈の存在感は、それなりにあったと思う。

  • cyborg_she_loves

    2.0

    この物語の変なところ

     結論から先に言いますと、この映画、ストーリーはまるで筋が通っていないとしか思えず、全然納得できません。しかし、出てくる女の子たちはみんなかわいいので、ストーリーを無視して彼女たちに見惚れて楽しむ素材としては、悪くはありませんでした。しかしそれは、「映画としては」 これは全然ほめられるものではない、ということでもあります。  では、このストーリーのどこに私が納得できないかといいますと(念のため、私は原作は読んでいません)。  美空の能力は時間を巻き戻す「リセット」ですが、リセットと同時にリセットされた分の時間の記憶も消えます。つまり、例えば2時から1時まで時間をリセットしたとしたら、リセット後に二度目に体験する「1時」は、美空も、周囲の人々も、完全に一度目の「1時」として体験することになります。要するに、それ以外の、「12時」、「11時」等々と、まったく同じ時間として体験するわけです。  美空は、子供の頃からこの能力に目覚めたと言っていますが、彼女はこの能力を自分が使ったことを、いったいどうやって知ったのでしょう。リセットされた時間と、それ以外の普通の時間とを、識別するいかなる目印も存在しないのに。  それは、リセットしても記憶を保持する浅井ケイがいるから、でしょうか?  だけどね皆さん、それはケイがそう主張してるだけで、彼以外の誰もそれを確かめることはできないわけですよ。ある日の1時に突然ケイがやってきて、「じつは本当の時間は2時まで、すでに経過したんだけど、君がリセットしたから1時に戻って今があるんだよ」、と言い出したとしても、美空はケイが本当のことを言っているのか、まったくデタラメを言っているのかを、どうやって識別したらいいのでしょう。  それにね。ケイが美空に、「君はすべて忘れてしまっているだろうが君にはリセットの能力があるんだよ、さあ、美空、リセットだ!」、と言ってもねえ、美空が「リセット」という行為をおこなった「2時」という時間は、リセットが完了した時点で、美空にとっては消えてなくなるわけですから、当然、「リセット」という行為をどうやっておこなうのかも、思い出すことはできません。  リセットしろ、と言われたって、どうやったらいいのか、どうやったらわかるんでしょう。  まだまだいっぱいありますけど、あんまりくだくだうるさいことばかり書くのもヤボいだけなので、ま、このへんで。

  • abc********

    5.0

    勝負のシーンが最高

    確かに淡々としてるし、ヒロインも可愛いとは全然思えないんだけど ミステリーで先が気になるのと、野村くんは良いキャラなので見続けていたら ラストの賭けのシーンで心を持っていかれました! 村瀬さんのキャラクターも最高。 ただ映画だけじゃ能力がどう働いてそうなったのかわかりにくい部分もあるんですが。 細かいことを気にしない、自分みたいな人は大丈夫なんじゃないかな? とにかく、あのシーンが最高でした!! あそこ見て評価一変です!! 演技やキャラは野村くん、ティナさん、平さん特に最高でした

1 ページ/5 ページ中