2017年1月28日公開

ホームレス ニューヨークと寝た男

HOMME LESS

832017年1月28日公開
ホームレス ニューヨークと寝た男
3.4

/ 119

18%
27%
34%
16%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アメリカのニューヨーク。52歳のマーク・レイはファッションモデル兼フォトグラファーとして活動し、ブランドスーツとスマートな身のこなしが板についている。ところが、豪勢なパーティーに出席した後にマークが帰ったのは、雑居ビル街のアパートの屋上だった。家を持たず、家族や恋人も作らないマークの日常に、カメラは3年間密着する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(18件)

切ない22.2%かっこいい13.0%不思議13.0%絶望的9.3%悲しい7.4%

  • palma

    4.0

    ネタバレドキュメンタリーとして高評価

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • はっと

    4.0

    Could mediocrity without luck survive?

    A dashingly good looking man, from New Jersey, formerly from a lower-middle class family? with dedicated parents and siblings, with college education, and a start at modelling occupation, was, or is, smart enough to have realized that in modelling jobs that there was intellectuality missing from the work in its substance, so ends up floating in the world picking whatever little money from his seemingly fashionable life as a street photographer cum a day performer, sleeping on a rooftop of a east Manhattan apartment. He seems quite sociable and bold enough to talk to stranger models in the hope of getting a shoot with them or mediating to make them more professional models. He knows why and where he has ended up being where he was at the time of the production of this film. Therefore, he may not be too dumb; he seems just in the middle range in terms of his intelligence and world knowledge. I do not know whether the director had wished to just a non-stereotypical homelessness case, but the film has shown, as with most things, that there is a cline to homeless as well. And most of all, it has shown that with a lack of good luck in life, a person without an inherited wealth, can be forced into an unstable life of sleeping outside, even with a college degree, from the middle class, with certain friends, can lead a harsh-seeming life, to which, though, this man seems to have accustomed himself quite well with hollow positivity with a grain of poignancy. His acceptance of his situation does seem to have come from good self-analysis, yet he does not want to change his present life, so he seems to go on being stuck there unless he looses his health or he gets busted. This is a record of a certain living with a choice, although somewhat misfortunately, yet, we must wonder that if this could happen to any college graduate these days, with mediocre abilities with honesty and sincerity to friends. Yes, with a lack of good luck, it could happen to almost anyone, unless, you have a family wealth to be provided with. Is this a healthy society this way? No, according to the traditional standards, but if one chooses to stay in homelessness without many other choice, then we have to let one try as long as one wishes to, and see the end result.

  • sca********

    5.0

    安アパートで質素に暮らせ

    ジム125ドル、健康保険料280ドル(これは仕方がない)、食費450ドル、飲み代300ドル以上!煙草も吸ってる。NYの物価は高いかも知れないけどボロアパート探せばよくね? でもホントにイケオジでした。

  • gob********

    4.0

    イケメン=勝ち組は真実か?

    アパートの屋上に不法侵入し暮らす、 あるイケメン高身長の独身中年男性のお話。 ”ただし、イケメンに限る” は、ネットコメントでも よく見かけるワードの1つ。 この中年男性も、ご多分に漏れず 若いころにイケメンを買われ、モデルとしてそれなりに活躍。 そこそこチヤホヤされ、1人や2人じゃないほど 良い女を抱くような世にいう”勝ち組”の青春を送った 1人かもしれない。 ただし、そこで努力を怠り、運を掴めなかった結果、 今では、プライドが肥大化しまくったホームレスに。 もちろんルックスが良く、大卒でもあるので、 いわゆる”普通”の仕事であれば、つくことは そこまでのハードルではないかもしれない。 でも、華やかな生活を離れたくない。 普通になる自分を認めたくない。 結果、 ニューヨークという町を捨てられない。 カメラマンとしてでも華やかな世界を捨てたくない。 家がなくても公園でホームレスをするほど落ちぶれたくない。 そんなプライドで、今の生活に。 52歳でも、何とか一見華やかな生活ができている自分に 満足している一方、このままの人生でいいのか? という自問自答に苛まれる場面も見え隠れ。 そんな人生をフィルムを通して、 視聴者側に伝えながら、 イケメンで生まれることの、 メリット・デメリットを突き付けてくる そんな映画。 で、そのメッセージに対する 個人的な感想としては、 結局人生は、トータルで見るべきであり、 ある部分だけを切り取るのは不毛。 そして、一定以上人よりも努力しない限り、 栄光はつかめない。 というもの。 ・今、大ブレイクの新星! ・注目のベンチャー企業! ・超リア充インスタグラマー! こんな存在が、 次々に現れてくる世の中で、 いちいち一つ一つに やっかみを入れる人生か? 先述の視点で、 粛々とやるべきことを全うする人生か? 選ぶのはあなただ。

  • NK

    3.0

    ネタバレ悲しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ホームレス ニューヨークと寝た男

原題
HOMME LESS

上映時間

製作国
オーストリア/アメリカ

製作年度

公開日