レビュー一覧に戻る
ホームレス ニューヨークと寝た男
2017年1月28日公開

ホームレス ニューヨークと寝た男

HOMME LESS

832017年1月28日公開

Kainage_Mondo

3.0

ネタバレ独白 90% のドキュメンタリー。

まったく違う人生を 時間限定で疑似体験する ツール として映画を語るなら、本作など それこそ好適な作品と言えるのではないか。ビルの屋上で密かにホームレス生活を送る マーク・レイ ( 以下敬称略 ) なる人物の奇妙な毎日の記録なのだが、予告編の颯爽とした身のこなしから予想していた 元気いっぱいのホームレス生活 ではなかった。 ニューヨークの夜景を独り占めは良いのだが、暑さ寒さはともかく、防水のブルーシートがあるにしても、雨は困る。ジムでシャワーを浴び、ロッカーに身の回り品を詰め込んではいるが、洗濯やクリーニングの事情はお寒い。そんな描写は無かったけれど、臭い対策で 濃厚な男性用香水のお世話になっているのだろうな~ と気になった。 自身のモデル業は過去の話。あのカメラ・撮影機材で撮った写真が高く売れるとも思えず、生活費はどうしているのか ? 本作のため トーマス・ヴィルテンゾーン監督 に相当長期間にわたって密着されたらしいが、そこからの援助があったのか ? その金でホームレス生活を維持したなら本末転倒だけどね ( 笑 ) 。映画のエキストラをして収入を得る話では、12年「メン・イン・ブラック3」に出た話があって、僅かの時間でも レイ の登場シーンを観たいな~~と思ったが、これは無理だったのだろう残念だった。 90% が レイ の独白で成り立っており、こんなドキュメンタリーも珍しいと思った。監督の声は2か所のみ。あとは知人・女性モデルたち少々だった。・・・ こんな生活が6年も続いて52歳。どこかで道を間違った~ という呟きと、観客に寄付を呼びかけるラストシーンは、ユーモアと言うより落魄のひと言だった。予想に反して とても元気を貰える作品ではなかったね。

閲覧数3,125