ここから本文です

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 (2017)

監督
高橋敦史
  • みたいムービー 717
  • みたログ 2,474

3.13 / 評価:2066件

時を超えた冒険

  • rie***** さん
  • 2020年3月29日 6時54分
  • 閲覧数 402
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

マンモスのようなメガネをかけていないのび太君のような、モフスケというキャラクターが可愛いです。

真夏にかき氷を食べるため、どこでもドアで南極にいったドラえもんとのび太。そこであるはずのない不思議なものをみつけます。

それは、1万年前の氷の中に閉じ込められていたリング。その謎を解くために、いつもの仲間たちと冒険に出るドラえもんとのび太。

冒険の先に見つけた遺跡ではじめてモフスケと出会うのですが、なぜかモフスケはのび太とドラえもんに親愛の情をあらわします。その理由が後でわかる瞬間が、なかなか楽しめました。

本作では、ドラえもん映画にはよくあるジャイアン、スネ夫たちとの衝突と和解がそれほど感動的に描かれていないのですが、代わりにドラえもんとのび太の友情がとても感動的。

どうしてどこでもドアで目的地まで行けないのか、謎のペンギンロボットなど、一回で理解できなかったのは、子どもとポテチを食べながら観たからでしょうか(笑)。

エンディングに流れる平井堅さんの主題歌『僕の心をつくってよ』もとても良かったです。

今作ジャイアンとスネ夫を見直したシーンがひとつ。ブリザーガを倒した後に、石コウモリの巣へ取られたリュックを探しにいく場面。キラキラ輝く財宝?を前にしててっきりお宝だけ持って帰ってきたのだと思ったら、カーラたちのヒョーガヒョーガ星を救うためにリングの残骸のようなものを持ち帰ってきたのでした。ごめんね、ジャイアンとスネ夫!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ