ここから本文です

咲-Saki- (2017)

監督
小沼雄一
  • みたいムービー 773
  • みたログ 1,543

3.72 / 評価:488件

うーむ…

  • zer***** さん
  • 2019年9月27日 3時54分
  • 閲覧数 798
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作・アニメを全て読破、視聴しております。漫画実写化はあまり好まない派なので敬遠してたのですが、弟がレンタルして来たので一緒に見る事になりました。冒頭から咲の容姿や優希ちゃんの声が、釘宮理恵さんに似ていて「すごい!」と思ったものの束の間…まこや久はともかく、和は誰じゃ(困惑)となりました…。他校の生徒も中には「再現度が高い!」と思う子も居れば、ちょっと残念…という子も多かったですね…。髪色が原作通りにあんなにカラフルだと確かに日本人の素朴な顔と浮いてしまうから回避したのは理解出来ますが、それより演技が悪目立ちし過ぎた気がします。特に風越のコーチの棒読みっぷりが酷すぎてびっくりでした。

全員が淡々と「台本通りに言っている」だけで感情が伝わってこない、というのと、原作を読んでたら分かると思いますが心に響く重要な台詞が削られていたり、正直見たのを後悔しました。

個人的感想として、大将戦終了後の風越の華菜ちゃんの「でも次は…次は負けないし!」と悔しい気持ちを押し殺して笑顔での言葉、鶴賀の加治木の「ずっと打っていたいくらいだ」と感慨深い言葉、最後に咲の「麻雀って、楽しいよね!」と衣に対して笑顔での言葉。このシーン削ったのは勿体なさすぎます。

そして一番酷いのは衣の話し方です。
最初「男の子の子役…?」と思うくらいに低音ボイスで話すかと思えば、滑舌悪いので「流浪を託つ」「お前達の命脈も尽き果てる!」「水戸開きといこうか」等の衣特有の難しい言い回しが全然迫力なくて残念極まりなかったです。

鶴賀の桃子ちゃんは笑わなかったら、凄まじく可愛いです。二次元から出てきてます。声もそれとなく似てる気がしますし。

さて、肝心の麻雀を打つシーンですが、これは意外と良かったです。演出で光ったり、キラキラしたり、楽しかったです。

ストーリーは完全にドラマを見た人か、原作を知ってる人じゃないと理解できないかと思いますが、綺麗な女優さん達が揃ってるので各々のファンの方にとっては推しが見れて嬉しいのではないかと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ