ここから本文です

たかが世界の終わり (2016)

JUSTE LA FIN DU MONDE/IT'S ONLY THE END OF THE WORLD

監督
グザヴィエ・ドラン
  • みたいムービー 239
  • みたログ 842

3.08 / 評価:601件

ひたすら続く緊張感

  • sakurasong1031 さん
  • 2017年3月20日 12時15分
  • 閲覧数 1646
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

みんな深層で気づいているのの誰も本音を言わないような、ああ家族ってそうかもなっていうリアルな緊張感がずっと続いて、最初から最後まで一人一人の言葉や表情の裏にあるものを〝読む〟ことに神経を集中させてしまうからとても疲れた。

ラストは・・・家族との別れの映像化に成功してた。未来への期待、過去からの不満、どうにもならない愛情、恨み、自分でも説明つかない思いを整理できないまま切り離される瞬間。泣きわめいても誤魔化しても別れからは逃れられない。終わりだ。

登場人物の本音が見えないままの映画ってめずらしい。とてもシンプルだけどこういう映画初めて見た。リアル過ぎてまったくすっきりしないけど見て後悔はない作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ