ここから本文です

たかが世界の終わり (2016)

JUSTE LA FIN DU MONDE/IT'S ONLY THE END OF THE WORLD

監督
グザヴィエ・ドラン
  • みたいムービー 239
  • みたログ 842

3.08 / 評価:601件

すいません、全くわかりませんでした・・・・

  • yas***** さん
  • 2017年4月9日 16時28分
  • 閲覧数 2112
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

芸達者なフランス語が睡眠薬の様に眠りに誘う・・・・
いや、何度か軽く意識が飛んだのでホントすいませんmm
フランス語映画を観ると毎度思うんだけど、なんというか人対人の距離感が日本人・日本語と全く違うコトに驚愕する。イイ歳コイてなんであんなに皆キレられるんだろう???

「歪んだ(歪んでしまった)家族愛の帰結」の物語ってのは感じるんだけど・・・・

「知りたい」(いや、別になんでもイイのかもしれんけど・・・・)のは
ナニゆえ12年も不在で「歪んで」しまったか?その「原体験」が何なのかってエピソード☆それが単にゲイだからってだけなのか???だとしたらちょっと弱く無いかな~?フツー用意するんじゃねーの?そーゆー万人がわかり易いエピソード☆そんなのが何も無い、ただ単に互いを解り合えないから離れる、でも家族としての絆いうか、熱い部分だけはフツフツとたぎらせていて・・・・みたいな・・・わかりずらくて面倒くさい!で、その表裏たる「苛立ち」が全編に満ちていて、なんと言うかリアルな家族喧嘩の渦中に居るかの様な居心地の悪さにソワソワする・・・・・けどね・・・・鑑賞後3日はこの映画のコトばっかり考えてる。そーゆー「刺さる」作品であることと若干27歳とかの監督が天才であるコトは間違い無い☆彡そんな一作

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ