ここから本文です

ラ・ラ・ランド (2016)

LA LA LAND

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 4,695
  • みたログ 2.6万

4.08 / 評価:21,799件

完全書き下ろしミュージカルとは凄い!

  • エル・オレンス さん
  • 2019年4月21日 0時08分
  • 閲覧数 546
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

さすが当時32歳の監督が手掛けただけに、とにかく映画全体の作りが若い若い!長年第一線で活躍し衰えを感じさせない監督でも、この若々しい感性を表現するのは難しいでしょう。

一番の名場面は、OPの『Another Day of Sun』の怒濤の長回しシーン!あまりにも素晴らし過ぎて、劇場で初見したときは泣いてしまったほど!

その次のナンバー『Someone in the Crowd』の最後の盛り上がりも、歴代ミュージカル映画に無い斬新さがあり、圧倒されます!

音楽のジャスティン・ハーウィッツは、監督とは大学ルームメイト時代からの親友だそうで、やはり才人は才人を引きつけるンだなと実感!

エマ・ストーン&ライアン・ゴズリングの2人は、本作のために歌やダンスやピアノを相当特訓したようで、その努力ぶりにも敬意を払います。

『巴里のアメリカ人』(1951)『ウエストサイド物語』(1961)といった往年の名作のオマージュも随所に見られ、ディミアン・チャゼル監督のクラシック映画愛も感じられて好感度MAXです。

小説や舞台の原作もなく、脚本や曲が完全書き下ろしのミュージカル映画をこれほど大ヒットさせた監督の功績は絶大!



=================================

★2016年アカデミー賞 6部門受賞  (※作品賞ノミネート)
監督賞、主演女優賞(エマ・ストーン)、撮影賞、作曲賞、美術賞、歌曲賞

★2016年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 7部門受賞
作品賞、監督賞、主演男優賞(ライアン・ゴズリング)、主演女優賞(エマ・ストーン)、脚本賞、作曲賞、歌曲賞

★2016年ヴェネツィア国際映画祭 女優賞(エマ・ストーン)受賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ