ここから本文です

上映中

ラ・ラ・ランド (2016)

LA LA LAND

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 4,697
  • みたログ 2.6万

4.09 / 評価:21,933件

私の映画史上、はじめての映画

  • kud***** さん
  • 2019年8月18日 8時35分
  • 閲覧数 552
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

何が初めてかと言うと、「つまらなすぎて最後まで観られなかった」ことです。
人生で始めてです。

映画は戦争映画以外なら結構何でも観ますし、その中でもミュージカル映画が結構好きな私が、もう冒頭から全然ハマらず…

踊りも歌も音楽も、全然心に残らない不思議。
歌声にまったく魅力が無いといいますか、力強いはずの歌には力を感じられず、切ない歌はただやる気がないだけに聞こえ…
鼻唄気分で歌ってんのか?と思いました。
映像はカラフルが良く言われていますが、確かにカラフルでした。
まぁ、色を並べたらカラフルになりますわな(笑)

ストーリーのテンポも悪く、特に心に響く展開も無く、全体の半分ちょっとを観終わる頃に、停止してしまいました。
カラフルだからもう少し観ていよう!という気は起きませんでしたね。
レンタルで本当に良かった。

観ている間中、こんなにもつまらなくて苦痛な映画は初めてでした。
登場人物に応援できる部分も興味を持てる部分も無くて、イタいカップルの自主制作映画でも観ている気分でした。

それでも他の人に伝える時に、こんなにボロクソに言うのであればストーリーだけはどうなったのかをちゃんと知っておくべきだと思って、後からネタバレサイトで調べました。
あぁ、そういうオチね。
うん、やっぱ最後まで観なくても良かったんだな。

この映画は、「人生経験を積んでないと感動できない」とか「感受性が豊かでないと感動できない」とか言う人もいますが、それは実際にそうなんだと思います。(その人にとっては)
だから、まだ観ていないあなたも、評価を忘れて一度は鑑賞することをおすすめします。
あなたにはあなたなりの感性があると思いますので…

まぁ私の感想としては、人生経験とか感受性とか言うより、テンポの悪さとミュージカル要素のダメダメさが際立つ残念映画かなってところですね。
時間を無駄にする、という感覚を体験できました。
ある意味貴重な体験でした。
本当、人生無駄な経験はありませんね。


ちなみに、ある友人Aは「普通に良かったし、面白かったよ~」という感想でした。
また他の友人Bは「つまらなすぎて何度も観るのをやめようかと思ったけど、なんとか最後まで観て結局後悔した…」という感想でした。

人それぞれ。
ただ、私と友人Bはもう二度と観ない、それだけですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ