ここから本文です

百日告別 (2015)

百日告別/ZINNIA FLOWER

監督
トム・リン
  • みたいムービー 28
  • みたログ 58

4.13 / 評価:46件

心を持って行かれる

  • hiy******** さん
  • 2017年5月16日 9時49分
  • 閲覧数 641
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

愛する人を突然失った主人公たちの100日間。
2人の様子が交互に映し出され、時には過去にも戻る。
このように時間軸は前後するが、混乱することはない。
彼らの心情が丁寧に描かれ、観る者も彼らの心に寄り添っていられるのだろう。
シンミンが亡き婚約者の作ったグルメノートに沿って沖縄の料理を食べている場面。
旅が終わるころの切ない表情が重くのしかかる。
ユーウェイが亡き妻の教え子に月謝を返すためにそれぞれの家を訪問する場面。
ショパンのメロディに、妻の軌跡が見えるようだった。
シンミンは、家を売ろうと前向きな気持ちが見えたかと思えば、
自死を考えたりしている。
100日たっても腕をつったままのユーウェイ。
ケガが治っているのにあえてそのままにしているのか?
物語では遺族の再生をうたっているのではない。
音楽効果もあるのだろうが、重い設定ながら心は軽くなる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ