ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

王様のためのホログラム (2016)

A HOLOGRAM FOR THE KING

監督
トム・ティクヴァ
  • みたいムービー 122
  • みたログ 723

2.62 / 評価:529件

旅行記のように楽しむべしっ

  • ハイダウェイ さん
  • 2017年2月18日 22時13分
  • 閲覧数 1978
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

評判はあまり良くないようですが、個人的には嫌いじゃない作品だ。
確かに不思議な作品で、盛り上がりも手応えもないのはよく分かる。
だって、監督&主演は「クラウド アトラス」のタッグらしいじゃんね。
トム・ハンクス主演ってことで必見と思ったけど、監督を聞くとちょっと観る気が萎える。
あれも美しいが、独特の作品だったからね~

物語の舞台は中東のサウジアラビアだ。
ず~~っとサウジアラビア。

σ(・ω・。)が個人的に楽しめたのは、中東に対してほんのり親近感があるからだ。
この前日までもサウジアラビアのお隣、オマーンに旅行に行ってからね。

そんなタイムリーな状態だから、のんびりとした中東の空気感が心地よかった。
主人公のアラン・クレイは完全に無茶ぶりのような仕事でサウジを訪れてるんだけど、サウジで過ごす1日1日がまるでチャプター分けされたように重なり、ちょっと旅行記的な印象を受けた。
のんびりとした展開と重なりそこが良かったのかも。

アランの背景はあまり詳しく語られない。
大手自転車メーカーの取締役をしていた、離婚した、大学に行きたい娘がいる・・・この程度の情報は伝わってくるが、それも幻覚や回想として出てくるだけだ。

とにかくヤル気を失ったサラリーマンが、遠く離れたサウジアラビアで国王相手に自社技術のプレゼンをする・・・
その過程でいろんなトラブルや出会いが毎日のように起きる巻き込まれ型のコメディにも見える。

最初こそ、あのドライバーのユセフ?とコンビのドタバタ珍道中みたいになるのか?と心配したが、彼もサウジで出会う不思議な人々の一人だ。
ただウザいボケキャラと思わせておいて、最後には頼りになる親友の一人まで昇華させる。
そうそう、彼にまつわる中東あるあるは面白かった。

ただの冴えないおっさんにしか見えないアラン=トム・ハンクスだが、なぜか女性との出会いが多い。そう、モテるのだ。

そこに多少の違和感を覚えつつも、厳格なサウジの裏の一面から見た姿もまた興味深い。不思議な国だ。
アランの人生とリンクするように、映画もフラフラとどこにたどり着くか分からない感じだが、結局行き着くところはラブストーリーでもあるわけだ。
これは意外だった。

ちょっと不思議な大人の恋愛?
エキゾチック?アラビアンナイト?

よく分からないが、妙にロマンチックに感じる。
まぁ、あの変な背中のコブから始まってるんだけどねw

またオリジナルの邦題かと思いきや、めずらしく原題を直訳した邦題だった。
だけど、王様やホログラムは一瞬だけだけどね。
そこを目的とせず、それをきっかけにまるでホログラムか蜃気楼かのような仕事から人生を再スタートさせる男の物語ってわけだ。

サウジはかなり閉鎖的で訪れにくい国と聞いてるが、よくメッカのモスクの映像やロケができたもんだ。いつか実際に訪れてみたいなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ