2017年3月4日公開

アシュラ

ASURA: THE CITY OF MADNESS

R15+1332017年3月4日公開
アシュラ
3.7

/ 453

25%
37%
25%
8%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(67件)


  • hom********

    3.0

    容赦ない悪

    韓国映画は血も涙もなく、救いようがないので見応えがあります。 もう手加減して欲しいという観客の期待を見事に裏切ってくれました。 暴力的なシーンもわんさかでした。 ただ面白くなるまでが少々長く感じました。

  • tks********

    4.0

    ほぼ全員悪人

    印象に残ったのはほぼ全員悪人だったこと。 そしてラストの肉弾戦は韓国映画特有の室内の狭い空間での刃物メインの格闘であるが、これがやはり迫力があっていい。 それと、市長のファン・ジョンミンが孤独のグルメでおなじみの松重豊に見える。「工作 黒金星と呼ばれた男」で初めて見た時そう思ったのだが、今回もやはりであった。

  • SN

    3.0

    ネタバレえげつない!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • zas********

    4.0

    この市長みたいなのホントに韓国にいそう

    とにかく殴る、蹴る、刺す、撃つ。 でもタフな主人公は死なない。ていうか普通なら5回くらい廃人になってる。 正義感のかたまりのような後輩刑事もお金であっという間に豹変する。 そこが映画だから素直に受け止めて楽しむスタンスで鑑賞。 映像はリアリティがすごい。転落死なんかホントに落ちたみたいだし、車に轢かれるところ、銃で撃たれるところもすごい。 全編の血ノリの量ハンパなさそう。 韓国映画にありがちなラストのどんでん返しこそなかったけど、主人公がどっちについてるかがわかりにくかった

  • hyo********

    5.0

    韓国映画はレベル高い

    内容は好き嫌い別れるものだが改めて日本映画と比べてもレベルが上なのを認めなきゃならん。主演俳優すごい迫力

  • neco

    5.0

    色々ひどい

    出てくる人物もストーリーも色々ひどいけれど、カメラワークがとても良かった。

  • baw********

    4.0

    おぞましい

    凄い迫力! でも、ちょっと長いね…

  • aki********

    4.0

    韓国映画らしさいっぱい

    主人公は刑事ですが、妻の治療費のために悪徳市長に肩入れし、脱線していく様子が緊迫感を持って描かれており、引き込まれます。バイオレンス、アクション、血みどろと韓国らしい映画ですので、苦手な人もいるかと思います。アウトレイジをさらに過激にしたような感じです。

  • oir********

    2.0

    ネタバレ凄絶リアリズム大作なのだが無感情の不思議

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kos********

    3.0

    全員悪人

    救いようのない世界だった

  • 辰っちゃん

    4.0

    悪人はみんな死んでOK

    悪人だらけ特にファンジョンミン凄過ぎる!悪を貫く信念と正義を貫く信念の衝突。そして両方から板挟みにされる主人公。葬儀場からの血祭り急展開は素晴らしかった。星4つ️

  • yos********

    4.0

    クズ同士のクズ合戦

    悪徳市長と悪徳検察、その両方の間で板挟みになる刑事ドキュンの苦悩を描くバイオレンスノワール。 主人公自身もクズなので、登場人物達がいかにクズかを競い合っているようで、ある意味滑稽。 中盤のカーアクションは凄い。あと撮影がよくて映画全体のルックがいい。 好みは分かれると思うけど自分は気に入った。

  • nak********

    4.0

    西島秀俊vs上島隆兵vs松重豊

    名前が覚え難いので(^_^)。ふた昔前の仁義なき闘いの韓国版?市長も検事も刑事も拳銃バンバン。血糊ドバドバ。死人続々。結局みんな悪でした。

  • きたろ

    5.0

    あり得る

    結局は逃げられない。 誰も

  • 4.0

    ネタバレこれはもうホラーだが人情モノ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • new********

    4.0

    どっちつかず

    どちらについても地獄。 見ていてもどかしい。 最後はようやくらくになった。

  • mate

    4.0

    どうあがいても破滅

    主人公が強大なふたつの権力に翻弄され、あっちに付き、こっちに付きと嘘と裏切りを繰り返し、それが周囲の人間を巻き込んで混乱させ、状況がどんどん混沌としていきます。 それはまるで、一度ハマると抜け出せない底無し沼のようで、足掻けば足掻く程、主人公はどんどん破滅へと追いやられていきます。 そしてラストのこれぞ破滅、と言いたくなるような徹底した破滅っぷりにはすがすがしささえ感じる程です。 現実にはありえないような展開ですが、俳優の優れた演技力がもたらす緊張感が、物語にリアリティを与えています。

  • S.I

    4.0

    こうなると思ってたが

    まあ、ファン・ジョンミンは最後までしぶといよね。 ギリッギリでセーフと言う感じでゲームオーバー。 まさしく稀代の悪。 絶対に関わりたくない人物。 カーチェイスはぶっ飛んでる。 ハードボイルドタッチでマカロニウェスタンのようなレトロさもある。 夜と雨のシーンが多いのも韓国映画らしい。 「お疲れ様」と言いたくなるラストシーン。

  • oce********

    4.0

    クズ人間しかいない

    不正を働く市長。その市長に裏金を貰っている刑事。 その不正に加担した刑事の弟分。映像を逆手に市長を売れと迫る検事。 ここまでクズしかいない人間模様は中々ない。 冒頭から危うい暴力描写に始まり、中盤には自在にカメラが動く暴走のカーチェイス。 そして終盤鉈で拳で争いまくるバイオレンス。 韓国映画は銃でズドンなんてあっさりな終わり方は絶対させない。 徹底的に痛めつける描写がほとんど修羅場でしかない。 憎たらしいキャストもよくて、チョン・ウソンはこれまでナンパな役柄ばかりだったが、こういう板挟みになる無力な男の方が圧倒的に見れる。 ファン・ジョンミンもまあ嫌らしい市長をこれでもかと演じる。 アシュラという戻れない領域に突入していく感じ。 ハッピーエンドなんてあるわけがないのも当然か。

  • Sevens

    3.0

    なんだろう

    最高の5人のキャストだったけど、ラストまで退屈でした。 なんだろう、この感じ

1 ページ/4 ページ中