レビュー一覧に戻る
劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!

hak********

2.0

ネタバレうーん・・

「オーブ」も田口監督も大好きなんですが、この映画はあまり評価できないです。 筋書きはこんな感じで十分だと思うのですが、ゲストのキャラクターに魅力が感じられない。 ムルナウは演者さんの演技が・・。 サデスは面白くなりそうな感じだったのですが、単に威勢のいいだけのキャラになってしまった。 新怪獣もデザインからして魅力に乏しい。 ゲストウルトラマンも活躍したとは言いがたい。 大地もなんか影が薄い。 それに肝心の主役、オーブトリニティも微妙。 全体的に戦闘場面が冗長に感じられました。 さらに言うと、特撮で「凄い」と思わせるシーンが一個もなかった。 昨年のXではスカイマスケッティの空中戦とか凄かった記憶があるのですが。 TV本編の方が、新しい表現にチャレンジしていると思いました。 今回の映画は、これまでに観たことのある、悪く言うと手垢のついた表現が目につきました。 そこが一番残念でした。 制作費の問題とかもあるんでしょうが、これだったら特撮場面は限定して一転豪華主義にして、 ガイとSSPの面々のやりとりをもっと観たかったかなと思います。 最後の銭湯のシーンや別れのシーン、その直前のガイとムルナウのシーンとかは 良かったと思います。

閲覧数1,214