劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊
3.9

/ 180

43%
26%
19%
6%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

未来から来た少年が「スーパー戦隊の歴史が終わった」と謎めいた言葉をつぶやく。しかし、そのときすでに動物戦隊ジュウオウジャーは敵のわなにはまっていた。風切大和(中尾暢樹)たちジュウオウジャーを、かつて地球を守っていた 手裏剣戦隊ニンニンジャーが襲撃。ニンニンジャーは、ジュウオウジャーを悪の妖怪だと思い込まされており……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(31件)

かっこいい17.2%楽しい17.2%勇敢13.9%笑える11.5%コミカル10.7%

  • もみじ

    5.0

    ネタバレ5歳の息子が楽しく観た

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • s04********

    5.0

    ニンニンジャー知らなくても楽しめた

    子供がジュウオウジャーからハマり、映画館へ行きました。 お約束展開あり、謎を引きずったまま最後にネタバラシとか、短い時間によく纏まっていて、非常に見やすい作品でした。 最後のジュウオウダンスはシロニンニンジャーとスターニンジャーが見ものです!!

  • ibu********

    4.0

    舐めちゃいけません。いや、面白かったよ!

    戦隊ものの映画を映画館で観るのは、2003年8月公開の「仮面ライダー555 パラダイス・ロスト」と同時上映だった「爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!」以来なので、実に13年半ぶり。 この頃は、甥っ子が小学生で、話題共有の意味もあって観てたから、「劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」と並映の「忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE」も映画館まで観にいったよ。 自称「怪獣博士」と言ってるくらいなのでこの手の映画は嫌いじゃないけど、仮面ライダーの方をメインで観にいってたので、あまり映画館で観ようという気も起こらなかった。 また、日曜の朝に早起きする根性がなくなってから耐えて久しく、仮面ライダーすら見なくなってたから、もう長いこと、どんな番組をやってるかもわからないってのもあった。 今回は、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスをフル活用しすぎで、他に観る映画がなくなったから観にいったわけでw。 いやー、でもねー、オッサンが観ても面白い作りなってて感心したよ。 最初から最後まで全然退屈しなかったからね。 基本的な展開は、勘違いから二つの戦隊がバトルするっていう、結構ありがちなものなんだけど、演出がうまいし、セリフにも子供だけをターゲットにした妙にクサい部分もなかったし、普通にすんなり楽しむことが出来た。 まあ、アクションはいつもの内容で、最後に巨大ロボが登場して剣を振り回し、そして、剣なのに切れないで火花が飛び散るっていうところもいつも通りだったけど、映画館の大スクリーンで観ても満足できる程度に迫力があって良かったよ。 んで、登場人物に色々とサプライズが! ちょうど番組改変期にあたるため、次回作のメンバーが大挙して登場。 見事な宣伝だ(笑) あと、過去の戦隊もののリーダーが総登場したのが懐かしかった。元祖アカレンジャーまでいたからね~。 といっても、あまりに多すぎて、自分が観ていた「ハリケンジャー」や「バクレンジャー」をはじめとした数人は、どこにいたかわからんかったけどね(笑) それと、これはテレビ版のレギュラーメンバーっぽかったけど、「仮面ライダー555」に草加雅人/仮面ライダーカイザ役で出てた村上幸平が出てきたのも懐かしくて良かったね~。 かなーり、オッサンになってたのも微笑ましかったし。 調べたら、もう40歳なんだねえ。・・・んで、慶応大学卒なんだって! なんかスゴす。 ということで、基本的には子供向けだったけど、ヒーローものが大好きな年取った子供の方たちは満足すると思われるw

  • hir********

    4.0

    テーマは、横だけでない縦の繋がりの大切さ

    3歳の息子、7歳娘を連れて鑑賞。 一般的に子供向け映画は、仲間の連帯や友情といった「横」のつながりがテーマになることが多い。 しかし今作は違う。先輩のヒーロー戦隊の想い、未来の息子の想いを両肩に背負って戦う! 脈々とつながる先輩たち、祖先や親・未来の息子など「縦」のつながりの大切さを全面的に訴えているのだ。 実は、これこそ子供達にもわかって欲しい、最も大切なことなのだ。 友達がいなかったり、虐められたり、「横のつながり」のみを理由に、自殺したり、引き篭もったりする事件が後を絶たない。そんな時に祖父母や両親・家族の「縦」のつながりや愛情を感じる(自覚する)ことができたら、心の支えになるはずなのだ。誰からも望まれていない子供になど滅多にいないのだ! 残念ながら、子供にそれを理解(自覚)させるのは難しい。生まれた時から当然の様に与えられる身内の愛情の有り難みなんて(大人ですら忘れるのに!)どうして子供に自覚して理解できようか!? 「縦のつながり」が自覚できない彼等にとっては、「横のつながり」が全てだ。従って、自分の存在を「縦」の世界で見失った子供は、「横」の世界で居場所がないと、本当に独りぼっちだと感じてしまうのだ。何とかうまく彼らに「あなたは縦の世界の、掛け替えのない大切な存在だよ」と伝えられないものか? 今作は、その困難を伴う大仕事を試みてくれている稀有な映画に感じた。 子供向けとしてはチャレンジングなテーマに感動した。 相棒の戦隊として、TVで3世代の活躍をみせたニンニンジャーが選ばれたのも必然だ! しかも映画で、4世代になっている楽しさっ!(ニンニンジャーのメンバーも、みんな本当に楽しそうに演じて、踊って、本当に素敵だった!) さて、この裏テーマを含んだ映画、7歳児には意外と理解出来た様子だったが、3歳児は途中で飽きてゴソゴソし始めていた(笑) ストレートにテーマを伝える良作映画だったが、やはり幼児には無理だったか?と思っていると、帰りに「センパイが助けにきたね〜」と嬉しそうに言う。初めて口にする「センパイ」という息子の台詞に、親バカ丸出しで破顔してしまった。

  • meg09

    5.0

    良かったです。

    ストーリーは戦隊VSモノの王道なんですが、細かいところでツボを突いてくる、脚本の良さが光る作品と思いました。 久し振りにアキバレンジャー見たくなりました。(笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日