2019年2月9日公開

コードギアス 復活のルルーシュ

CODE GEASS: LELOUCH OF THE RE;SURRECTION

1132019年2月9日公開
コードギアス 復活のルルーシュ
4.2

/ 1,345

57%
23%
10%
3%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(279件)


  • こんこん

    4.0

    続いて嬉しいが

    ルルーシュ好きだったので続編は嬉しいが、 TVシリーズがある意味、完璧な終わり方だったので複雑な気持ちでもある…。 でもやっぱり続きが見られてテンションあがる。どっち!?笑 さらに続きが見られるみたいなので楽しみにしています。

  • sin********

    2.0

    ネタバレ二次創作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yum********

    2.0

    ネタバレ陽気なコードギアス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kit

    3.0

    まぁ ファンムービー

    可もなく不可もなく。 ファンに向けたファンのための映画。

  • プルコギ

    5.0

    御託はいい!これが真のグランドフィナーレ

    なんかゴチャゴチャと御託を並べて粗探しをしてる連中がいるが、こういう奴らはどんな映画でも同じことをするので放っておけばいい。 古今東西、主人公とヒロインがくっつくのは決まっていることだ。それが王道というもの。復活のルルーシュはそれを見事に貫いた。 贖罪とか正当性とかそんなものはどうでもいい。 俺達が本当に見たいのは、ギアスで敵を虫ケラのように蹴散らすルルーシュのはずだ。 それが彼の魅力であり、本作品のキモだ。 そしてかつてルルーシュは言った。「明日が欲しい」と。 悪逆皇帝と勘違いされてきたルルーシュがやっとCCと共に「明日」を手に入れたのだ。 これ以上のラストはないだろう。 カレンもナナリーもシャーリーも、登場人物みんながルルーシュが復活したことによって明日を手に入れたグランドフィナーレ。 本当にコードギアスを心から好きなら拍手で見送るべきだ。 なんちゃら王国のザコ共なんざルルーシュ達が明日を手に入れるための噛ませ犬にすぎん。 最後に、近頃は何でもかんでもツッコミどころとやらを探す馬鹿共が多すぎる。 哀れ以外の何者でもない。 そんな奴らは全員ギアスにかかって◯ね!

  • mul********

    2.0

    ネタバレ親友は報わない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • とろんちょ

    1.0

    ない

    本当に同じ監督が作ったの?コレを? この蛇足のせいでただの萌えアニメに成り下がった感しかない。 厨二ロボでおっぱい大好きな薄っぺらいオタク向けの商品

  • ryo********

    1.0

    ネタバレこれは介護を頑張ったC.C.へのごほうび

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • www********

    1.0

    萌えオタ向けコードギアス

    萌えアニメ化されたコードギアスです。 テレビ版の強さと儚さを併せ持つ魅力的なキャラクターは一切登場しません。C.C.で萌えることが出来ればそれで良いという人向けです。 興行的には儲かるかもしれませんが、硬派なギアスファンほど逃すことになったのでは?個人的にはこういう内容は完全なifストーリーとしてやってほしいですね。

  • tak********

    1.0

    もうコードギアスで儲けようとしないで

    青春時代にドハマリしたギアスが復活とのことで公開3日目ぐらいに観に行きました。 ※大前提として前の総集編3部作を観ていないと理解できません。私は未視聴だったのでまずシャーリーが生きていることについていけませんでした。 R2で綺麗にエンディングを迎えたコードギアスを金儲けのために墓荒らしされた気分です。 この映画のルルーシュとC.Cは客寄せパンダです。 TVシリーズであれだけ因縁のあったキャラもみんなルルーシュ万歳...脚本もキャラも全部ご都合主義のペラペラです。 あれだけペラペラだったアキトシリーズよりも正直嫌悪感があります。 当時、毎週楽しみにしていて続きが楽しみでしかたなかったコードギアスはもう過去なんだと改めて突きつけられて悲しくなりました。 ルルーシュとC.Cをキャラ萌えで消化させたい人は、この映画は面白いんじゃないでしょうか。 実は生きていた、なんて話はもういいんですよ。いままで散々考察されて、謎のままでよかったファンも多いと思います。 製作会社ももうコードギアスで儲けようとしないで、コードギアスを越えるアニメを作ってほしいです。 私の中ではこの映画は無かったことにしています。

  • yo4********

    1.0

    ネタバレマニアックな感性に共感できない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ntr********

    1.0

    ネタバレ裏切られた気分

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gxn********

    3.0

    完全に蛇足

    結論から言うと、完全に蛇足という印象。 ルルーシュが蘇る時点で最早蛇足なのだが(苦笑) これを受け入れたとしても、言いたい事が沢山ある。 カレンとの微妙な関係性もうやむやのままで、 ルルーシュとの絡みもあまりない。 ルルーシュが蘇ったのに、その事実を知った人達の反応の薄さ、 (普通、驚愕するでしょ??皆、割とすんなり受け入れちゃう) 映画版では何故かシャーリーを殺さなかったのに、 この作品ではその他大勢の一人でしかなく、 わざわざ生き延びさせたシャーリーの存在意味がまるで分らない。 しかもこの事の所為で、TV版との辻褄が合わなくなり、 まるで昔の「ヤマト」シリーズのよう(苦笑) まだまだ言いたい事は沢山あるが(特にラスト)、ネタバレになるので自粛。 何より映画だ!という特別感をストーリーに感じられず、 金曜ロードショーで放送するTVスペシャルみたいなスケール感。 丁度「カウボーイビバップ」の映画版を観た時の様な印象。 どうせ続編をやるなら、ちゃんとTVの第3シーズンとして ガッツリやってほしかった!というのが本音です。 終わり方は綺麗にきちんと終わっていて、これはこれで納得出来るが、 ルルーシュが生きているようなニュアンスを匂わせて余韻を残した TV版R2の終わり方の方が好きです個人的には。

  • 伊達巻子

    2.0

    内容はうーんだけど特典色紙は最高

    私は劇場三部作からのギアス視聴で、続編が出るということで見てきました。 正直、仕切り直し感がはんぱないというか、前作があってもなくてもいいぐらいの続編よりスピンオフなような感じだと思いました。 シリーズではルルーシュとスザクがライバルでありシンメトリーなのがテーマでもあったのに、今作ではまったく関わりがなくてそこがいちばん違和感がありました。ルルーシュの復活も拍子抜け… 私は乗れませんでしたがテレビシリーズのファンの方が喜んでいるならなによりです。 初日からけっこうな注目度なのに上映シアターが小さい部屋で、満席満席で席がとれないのが不満でした。 一番の満足ポイントは、やっと一週目最後の金曜日に色紙目当てで行けて、ちゃんと来場者特典がもらえたこと!今回のクランプ書き下ろしの絵柄が良かったので欲しかった。前回はすぐきなくなってたので、手に入って良かったです!

  • ta1********

    1.0

    ネタバレ見なければよかったです

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kud********

    1.0

    所詮

    ストーリーから世界観から何もかも 中途半端で破たんしていて 現実の世界に寄せてきているのも気持ち悪い 信者なら仕方ないがテレビリーズでよく言われる知略戦(もう笑) も単なるチートでしかない為この先どうなるんだろう。。 と考えるだけ無駄 キャラ絵が気持ち悪いという人は見るのが苦行になるほどの レベルで何もかもひどい 仕事とかでどうしてもんなきゃいけない人と信者さん以外は 全く見るのをお勧めできない作品だし アニメならほかにもいい作品はゴロゴロしてる そうでなくても 映画館でお金を出すならもっと他に良い作品はあるので ここの評価に惑わされてつい見てしまって。。。ということが 無いようにしてほしいと思う

  • tak********

    2.0

    ネタバレ腐ではない人間の感想

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ali********

    1.0

    見なかったことに。その一言。

    TVシリーズは放送当時に見ていて、ものすごくハマり、その前後多くの話題のアニメを見てきましたが、これ以上と思える作品はありませんでしたし、ずば抜けて優れた作品だと思っています。私の人生で1番のアニメーションです。制作陣のお一人一人を心から尊敬しています。…いました。 なぜこんなことになったのか…。続編の制作が発表された10周年のイベントから、ずっと違和感を感じていました。 この映画は、制作陣が、大好きなC.C.を救済するための二次創作でした。 せめてせめてせめて、結末をもう少しぼかせなかったものか?そんな都合よく全てが済まされるのか?許されるのか?都合よく済まされないことがこの作品の素晴らしさだったのではなかったのか? こんな作品、公開しないでほしかったとすら思います。見たくありませんでした。 ちなみに私は(痛い表現ですが)この作品の信者です。シリーズのファンであり、制作陣のお名前も主要な方々は大体わかります。本当に本当に大好きな作品です。 だからこそ、主要な制作陣が変わっていないのに、この作品が生み出されたことが本当に悲しく、ショックの一言です。あの素晴らしいテレビシリーズを作った素晴らしい制作陣にこんな感想を書くことになったのが悲しくて仕方ありません。 映画は見ないまま、あの綺麗な最終回のまま、宝箱にしまっておきたかった。 もし、「商売」というものがこの映画を作らせ、ルルーシュを生き返らせたのなら、それは創作という行為に対する冒涜とさえ思います。 レビューを見るとこの映画を好きな方も沢山みえるようなのでこのように書くのは心苦しいのですが、あまりに悲しく、書かずにはいられませんでした。 ただ、TVシリーズは本当に傑作です。それは今も変わりません。 この映画は忘れようと思います。 そして、大好きなルルーシュだからこそ、もう二度と再会せずに済むことを願います。

  • fqf********

    1.0

    ネタバレ最悪の作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ラビットパンツ

    1.0

    ★どこが悪いか具体的に教えてあげるよ★

    ※長文になって文字数制限にひっかかったので、全文はブログに↓ (帝国臣民ボサーノの日常 復活のルルーシュの感想  くそ映画 https://blogs.yahoo.co.jp/cool999coolcool/15866557.html) ※※「/」が何故か半角で入力しても全角になるので(レビュー機能の不具合?)、コピペでブログページに飛ぶ場合は「/」を半角に変換するか、ブログタイトルで飛んでや~ なので、ここのレビューでは途中までのせる ほんと、全角2000文字制限ってどうかしてるぜ! それだけだと「まともな」レビューできないでしょ ~~~感想↓~~~ 映画としては駄作であり、続編といより、豪華なお祭り同人誌ムービーなのだ。 ほんと、微妙かな。いやまぁ、ギアスが映画館で見れたのはよかった。 しかしね、いろいろ不満足な内容だった。 大勢のキャラを出すお祭り映画だから、ストーリーの破綻は気にしないことにする。 これだけのキャラを出して、ストーリーを破綻させなく見せるのが、並みの脚本家だと無理だから。 しかし、キャラ、バトル演出等々、ギアスっぽさがないのはダメでしょ。 なんだか、ガンダムっぽい何かになっているのが残念。 というわけで、良い点と悪い点書くよっ。 ■よい点 ・「ファンが見たいシーンを詰め込みました」って感じかな。 一本の映画としてみると駄作だけど、同人誌の映像化シーン集とみると良作。 ルル生存ルート 主要キャラのその後 主要キャラの仲がよい日常シーン(結婚式映像?) ルルとC2が結ばれる C2の甘いママ役、泣き顔 カレンの胸 ルル無双シーン 当たり前だが、全部入れると話は破綻する。 でも、同人誌や二次小説で描かれそうなシーンを映像化している事に価値があるんじゃないかな。 そういう映画。 凡百の話でも、やっぱり、ちゃんとした作画で声やBGMついてると違うからね。 ・ルル記憶喪失設定 コードを受け継いで不老不死設定は予想できたけど、「記憶喪失」は中々なかったんじゃないかな。 これ、予想した人いる? 記憶喪失にすることで、C2の母親っぷり、世話焼きフリ、殴ってもなぐさめてくれる愛情を感じられてよかった。 (C2の描き方には問題ありだが、この点は後で書く) まぁ、同人誌っぽいネタで、この設定を入れると後々の話が厳しいだろうけど(案の定、話はめちゃくちゃ) どうせなら、C2がルルをお風呂に入れて、体を洗ってあげるシーンも欲しかったな(敵のボス風呂シーンではなく) 「におわせ」でもいいからさ。この設定なら多分やっているはずなので。 後、添い寝もほしかった。 映画では二段ベットが描写されてがっかりだわ。「そこはひとつのベットで描写だろ!」と思った。 二人で一緒のベットで寝るんだよ。小さな子供とお母さんみたいに。 お母さんが後ろから抱きしめるんだよ。 直接の添い寝シーンはなくとも、「におわせ」ぐらいはやってよね。プンプンッ! こういう細部が出来ていないのは、お祭り映画としてもダメだよ。 これはまじめにダメな部分。 二段ベットの部分もそうだし、風呂もそうだし、C2のルルの口元の拭き方もそうだし、全部言えばきりがない。 ストーリーじゃ無茶くちゃでもいいけど、こういう細かい演出のなさが、この作品の一番の汚点。 オタク向け作品では、こういうのやらないとさ。 ・多くのキャラが2時間の枠の中で出ていた。 無理やりでもキャラを出しているので、キャラの動きが見れてよかった。 まぁ、いろいろストーリーの「?」はあったけど、出るのが大事。 ■悪い点 お祭り映画なので、ストーリー「?」なのはある程度しょうがないけど、さすがにむちゃくちゃだよ。 ストーリーがおかしい点  ルル周りの人間 ・扇とか、玉城とか、机オナニー女とか、超合衆国のある意味要人が工作部隊に入る不思議。 だって、扇って元総理だよね?おかしくね? 「なんでそこにいるの?」という状況ではあったけど、気にしない。 ・様々な立場の人が一同に出てくるので、コスプレ軍団みたいに衣装が場違い。  コーネリアとか、あんな派手な衣装で工作部隊とか大丈夫なのか? ・妹と信頼する部下を殺されたコーネリアが、簡単にルルの味方に?  もうちょっと葛藤あってよかったでしょ。ギアスにかかるぐらいの適当力。 ・ルルが生きていても、わりとあっさり受け入れる周りの者 (お前ら、実は知っていたんじゃと疑うぐらい) ・なぜか、装甲をつけて機動性を落として苦戦するスザクとカレン。 まぁ、苦戦するためだろうけど。 ・シャーリー、出す意味ある?  敵関連 ・なぜか囚人が看守(最初から警備していればいいんじゃ) ・なぜか単機でつっこんでくる敵のボス(これは、あるあるか) 文字制限数に達したので、続きはブログで。 (帝国臣民ボサーノの日常 復活のルルーシュの感想 https://blogs.yahoo.co.jp/cool999coolcool/15866557.html)

1 ページ/14 ページ中