レビュー一覧に戻る
帝一の國
2017年4月29日公開

帝一の國

1182017年4月29日公開

たーちゃん

2.0

ネタバレ政治とは流血を伴わぬ戦争である

4年前公開の映画ですが、今の若手の台頭を予見しているような見事なキャスティングの見事さに驚かされました。 主演の菅田将暉さんを筆頭に野村周平さん、竹内涼真さん、間宮祥太朗さん、千葉雄大さん、志尊淳さん、岡山天音さん、萩原利久さん、鈴木勝大さん、木村了さんとこれから主役あるいは重要な役をやられている方々の若手俳優のメンツがずらりとキャスティングされていました。今このメンバーを同じように集めようとしてもかなり難しいと思われます。 このメンバーにかなりテンションの高いまるでリアリティのない演技を大真面目にやらせたという事でもかなり貴重価値の高い作品だと思われます。 面白かったかと言われれば、面白くはありません。このメンバーでこの企画はとてももったいないと思いました。 全く感動もしませんでした。 嘘話に付き合った感があります。それにはこの映画の世界観に馴染むことが出来るかどうかだと思います。 全国でもトップレベルの私立男子高校の生徒会を舞台にその生徒会長になれるかどうかを競い合うというものです。というのも生徒会長になれれば東都大学への推薦入学がうけられて、総理大臣になれる確率が圧倒的に高くなるのだそうです。 金を使って票を獲得するとか、デートで使うのが料亭でスッポンを食べたり、生徒会長選の世論調査が号外が出て、一喜一憂するとか。 この現実味のなさは何でしょう。 俳優たちの演技は良いのですが、生徒会の派閥争いにそれぞれの親の立場がからんでいき、誰を支持するのか。仲間が敵になったり、ライバルが味方になったり。本当の政治もそうなのでしょうが、こんなやりとりをこのメンバーにさせる意味が良くわかりません。

閲覧数1,814