ここから本文です

ちょっと今から仕事やめてくる (2017)

監督
成島出
  • みたいムービー 1,593
  • みたログ 5,593

3.95 / 評価:4168件

生きるってこと、働くってこと

  • ryo******** さん
  • 2017年5月28日 18時07分
  • 閲覧数 10084
  • 役立ち度 68
    • 総合評価
    • ★★★★★

 恥ずかしながら、2年前の自分と重ね合わせて見てた。昇進して転勤。右も左もわからず、残業、残業で土日も出勤。成果があるうちはよかったけど、疲労からちょっとしたミスを犯した。その後はミスがミスを呼び自分を失う。眠れなくなりさらにミスを重ね、一人の社員からは相手にもされず挨拶も返事もされず。上からは怒鳴られ、何のために生きてるのか、何のための会社なのか、わからなくなった。
 あの時は自分のことしか考えられなかった。いや、家族や同僚のことを思いやる余裕すらなかった。医者に行ったら、予想通りの診断だった。日曜日の夕方から夜が一番つらかった。明日は月曜日と思うだけで滅入っていた。主人公の青山が、家族へ冷たくあたるのも、部屋が乱雑なのも、あの頃の自分を見ているようだった。
 映画では、青山はヤマモトに出会って変わっていく。ヤマモトと時間を過ごすこと、一人じゃないってわかること。このことが、青山を救ったのだ。自分の場合、幸い、多くの同僚に助けられた。一人の社員のシカトや上司の怒鳴りは続いたが、自分は一人ではない、自分のことを見てくれている人がいるんだとわかってからは、何とも感じなくなった。土日はしっかり休み、残業もほどほどにした。家族と過ごす時間も話す時間も、実は大切なことなんだと思った。そして、2年かかって今がある。
 生きるってこと、働くってことは何だろうと改めて思う映画だった。お金がなければ生きていくことができない。会社は給料を出してくれるところで、そのために働いているところだけど、それに自分の人生を潰される必要は絶対にない。
 給料は安くても、生きがいを感じる仕事であれば、それで十分なのかもしれない。結局のところ、自分って一人じゃないって思える日々を送れれば、生きていればそれでいいのではないかな。映画のラストを見てそう感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不思議
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ