ここから本文です

君の膵臓をたべたい (2017)

監督
月川翔
  • みたいムービー 1,879
  • みたログ 1.4万

4.02 / 評価:12,470件

原作者は本当にこんな話にしたかったのか?

  • sno***** さん
  • 2019年5月15日 23時52分
  • 閲覧数 3602
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

たぶん、アラフォー以上はしらけます。しょーもない。

原作未読、アニメもみてない。
泣けるなら「セカチュー」
伏線回収なら「いま会い」
10代の子は観てないかもしれないから、よろしければみてください。
この映画で泣けるなら、どちらも号泣できますよ。

さて、映画の内容なんですが、

スクルールカースト上位と下位の話
片方が不治の病
最後に2人が会いに行く途中でどっちかが死んじゃう
主役2人にからむ2番手の男女がくっつく
自己中な彼女に振り回される彼氏
でもかわいいから何でも許してしまう
最後に伏線回収
現代と過去を交錯しながら進むストーリー

ぜーーーーんぶ、どっかで観たり読んだりした話の焼き増し。

どっこにも新しさがない。

「酒と涙と男と女」この歌は売れるために売れてるキーワードをよせ集めて作った曲ですが、それと同じで、売れるために売れるシナリオをよせ集めて作った匂いがします。そりゃ、売れるし泣けるでしょ。なんだかなー

待ち合わせで会えないってくだりは、もう80年代から何度も何度も。。

最後に主役の彼女の親友の子は元ぼっちだったんでしょ?そんな子がぼっち君に敵意をむき出しにするか?今の子はそんな感じなの?

上地君の演技が若い時のガム君にしっかりよせてきたので星1つです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ