2017年8月11日公開

スパイダーマン:ホームカミング

SPIDER-MAN: HOMECOMING

1332017年8月11日公開
スパイダーマン:ホームカミング
3.7

/ 5,640

26%
37%
25%
7%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(800件)

楽しい16.6%かっこいい13.6%勇敢13.0%笑える12.8%コミカル11.8%

  • アイアンマン・キング

    3.0

    うーん、残念

    ラストが残念! スパイダーマンもどきの格好がクライマックスのバトルだなんてガッカリ!

  • Tata********

    1.0

    見なくてもOK!見なくても続編のファーフロムホームは楽しめます!

    スパイダーマンの映画だけどシビルウォーを見ている事が前提です この映画ですが ・スパイダーマンのオリジンは明かされません ・スパイダーマンのスーツはトニースターク(アイアンマン)から貰ったスーツ ・敵役のヴァルチャーは(トニーは知らないものの)トニーの活動により仕事を失ったのが悪事を働くきっかけです ・トニーとヴァルチャーは会話しません ・スパイダーマンはトニーを盲信してるのでトニーの言葉しか聞きません 肝心の中身ですが… MCU大好き!MCU作品は全部見ているという人でなければ見ても時間の無駄になるかなぁと… ヴァルチャーがピーターに自分の主張を話すシーンがありますが まぁ、アイアンマンを盲信してるから聞きませんし アイアンマンとヴァルチャーは会話しないので、アイアンマンは自分のせいで職を失った人の事を知らないままですし(これならスタークじゃなくて良くない?) 最後の問いかけへの返答も製作者やMCUファンなら「さすがピーター!」となるのでしょうが 正直「トニーの飼い犬が何言ってんだ」としらけました ただ、続編のファーフロムホームは素晴らしい作品です! 見ようか悩んでる人はファーフロムホームを見てほしいです!!

  • yoshi

    1.0

    恐ろしいレベルのつまらなさ

    こんな苦痛な二時間は久しぶりだった。途中でどこかで面白くなるだろうと期待して見続けたが、最後までクソつまらなかった。 スパイダーマンは「アメイジング」シリーズが酷評されているようだが、どう考えてもこれがダントツでゴミ。子供が脚本書いたのか? スパイダーマンとしても何一つ成し遂げず、プライベートでもダサい陰キャ。この映画で描かれた事実は以上。誰が面白いのこれ? このシリーズの三作目が非常に好評だから、頑張って次作以降も見るつもりだが、正直きついわ。

  • lkw********

    2.0

    改めて見たが、、、

    ティーンエージャーということを前面に押し出しており、今までのどのスパイダーマンより幼稚な主人公。 個人的にはその路線が好きではなかった、、、

  • とみいじょん

    2.0

    スパイダーマンではなくて、アイアンマンJr.

    他の方のレビューを拝見すると、いろいろな権利問題がすったもんだあるらしい。 だから、正統なスパイダーマンを描けず、スパイダーマンの衣装を借りた別設定になっているのだろうか? この話の筋なら、スパイダーマン=ピーターと、敵役・バルチャーと、ネッドがいればいい。 アイアンマンがいなくとも成立する。 スパイダーマンとバルチャーがお互いに素性を知るシーン。 ぞくっとした。 さすが、キートン氏。 でも、それを受けるホランド氏もいい味出していて、すごく緊迫したシーンになっている。 中二病さながら、世界は善と悪との二元論で、善は、自分は世界を救えると思っていた高校生。 それが…。 そして、そこからの決意・行動。 エンディング後の〇〇にもぞくぞくした。 うん、これだけで良い物語・映画を観た気になれる。 かつ、ほっこりとした笑いを入れてくれるのが、ネッド。  青春ものとして観ると、学園パートや家庭も描かれているが、中途半端。  ヒーローものとして観ると、CMでも流れていたような船が割れるシーンとか、〇〇が破壊されるシーンとかNYの夜景とか派手だが、全体的に大雑把。  それでも、バルチャーの設定をこのようにすることで、一気に話が引き締まる。  (尤も、ラストのピーターの言動は”らしいこと”を言っているけれど、話が表面的に流れているだけとがっかりした。頭脳明晰な設定なのに、暗記項目覚えているだけの頭の良さか、かわいいだけの小学中学年か!) そこに、アイアンマンが師匠のように出てくるが…。 ただ、これって、スパイダーマンである必要があるのか? 他の若年ヒーローでいいのじゃないか?キックアスやヒットガールでもいいのではないか? 『スパイダーマン』を語れるほど、観ているわけではない。原作も読んでいない。 確か、蜘蛛に噛まれて特殊能力を身に着けてしまったのではなかったっけ? でも、この映画だけを見ていると、特殊スーツがあるから人間離れしたことができるように見える。 それってスパイダーマン?他のキャラでもいいのでは? 『アメージング・スパイダーマン2』では、スパイダーマンが身に着けてしまった特殊能力の素(といっていいのか?)の研究を巡っての話が展開していたような気がするが…。  旧作『スパイダーマン』・『スーパーマン』にも、『バッドマン』・『ハルク(TV版)』にも、彼らなりの背景があった。でも、この映画の『スパイダーマン』には15歳という以外に背景はない。 『アベンジャーズ』シリーズありきの映画。 『アベンジャーズ』が、世界の破滅等の大げさ設定を打ち出した後で、そう何回も危機的状況の映画を作れないから、つなぎとして制作したかのように見えてしまう。 それはそれでファンには歓喜に値するものなのだろうな。 だから、アイアンマン主要メンバーも出てくるし、他のヒーローも顔見世する。というか、興行成績を上げるための顔見世。 ただ、私は『アイアンマン』が好きではない。『アイアンマン3』と、この映画のアイアンマンしか見ていないけれど。だから『アベンチャーズ』シリーズも観ていない。  この映画でもそうだけれど、スタークはえらそうなことを言うけれど、ツッコミどころ満載。設定は大仰で、深刻な台詞もあるが、上っ面だけ。  「責任」とか言いながら、スタークはどう責任をとっているのか?  子どもを危険な場から遠ざけたいのは判るけれど、それでいてハイスペックなスーツを渡す。「FBIが」と言いながら、そのことをちゃんとピーターに説明していない。ピーターを暴走させているのはスターク、君だと叱りたくなる。  世界救済の戦いは命がけ。それは感謝と称賛に値する。でも、今回のような残務処理で「責任」をとっているつもりなのか? アイアンマン要素を抜いた、この映画の物語の大筋:スパイダーマンとバルチャーの軸は、上に記した如く絶賛したいが、ここだけに絞っても、細かいところで?が一杯。  ①仕事の発注・受注契約ってどうなっているの?いくら公的権力による契約破棄だって、一方的に発注元がキャンセルしたら違約金が出るのでは?契約大国USAなら発注・受注契約の時、その条項を盛り込んでいるのでは?あれだけ、家族と雇用者に対して責任を負う社長なら。契約内容に盛り込んでなくとも、訴えれば、受注金額以上のの賠償金がでないのか。こんな一方的な契約破棄がまかり通るなら、経済活動が混迷する。USAと日本とは違うのか?一見、トゥームスの言い分に共感したくなるが、詰めが甘い。それとも、スタークの会社は、そういうクレームを握りつぶすブラック設定なのか?それって…。  ②あのような宇宙物質を扱って、体や周りに影響でないのか?あの宇宙物質を扱っているうちにヴィラン化した設定でもよかったのでは…。  そんな宇宙物質を、一般的な産業廃棄物取り扱い業者 or 土木業者にいきなり任せるのか?日本なら、まず、行政が立ち入り禁止にして、調べてから発注しそうだが。発注してから仕事をキャンセル?後から宇宙物質が見つかったのならわかるが、野ざらしだったのに?  福島原発汚染水の処理を巡っての話を見聞きしている身には、なんと意識の低い事よとあきれてしまう…。  設定のための設定にしか見えない…。 映像も、何をやっているのかよく見えないところもあって…。特に印象的な映像・アングルもないし…。 ピーターやネッドにほっこりし、 トゥームスの迫力を堪能するものの、 ながら鑑賞でもいいかなあと思ってしまう。 ホランド氏・バタロン氏やキートン氏の無駄使い。 勿体ない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
スパイダーマン:ホームカミング

原題
SPIDER-MAN: HOMECOMING

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日