レビュー一覧に戻る
ラビング 愛という名前のふたり
2017年3月3日公開

ラビング 愛という名前のふたり

LOVING

1232017年3月3日公開

goo********

5.0

ネタバレ俺は妻を愛してる

それ(レビュータイトル)だけで充分ジャマイカ^^ “これは 神の掟だ  鳥でさえ同じ種類とつがう  自然の理(ことわり)だ ダメだ” “神は 白人 黒人 黄色人 マレー人 赤色人を創り  別々の大陸に住まわせた  神の秩序に背く結婚に大義はない  神はこれらの人種が混ざることを望んでない” “混血児を世に生み出すことは不当だ” 神の名の下に思考停止するのは止めていただきたい(・∀・) リチャードとミルドレッドを投獄した偏見持ちの保安官を演ったマートン・チョーカシュの演技に座布団一枚!(マジ胸糞でした) 2014年に米国で行われたメタ解析に拠れば、差別主義者は頭が悪い確率が非常に高いらしいです。 (多くのデータが、偏見や人種差別と知性の低さの関連を示しているそう) ちなみに右翼的な思考も同様だと考えてられているそうで(ノ∀`)アチャー それにしても事実は小説より奇なり。歴史の転換点となった二人の苗字がLOVING! 出来過ぎでしょ。私は特定の宗教の信仰者ではありませんが、実は“神”居るんじゃね?と思わず考えてしまいたくなります。 リチャードが飲酒運転の車に轢かれ、まだ若くしてこの世を去ったのは、今生での「使命」を終えたからかも(?)

閲覧数596