ここから本文です

ねこあつめの家 (2016)

監督
蔵方政俊
  • みたいムービー 129
  • みたログ 422

3.51 / 評価:319件

微妙なほのぼの系。強い衝撃が一山あればと

  • sol***** さん
  • 2020年9月20日 12時16分
  • 閲覧数 397
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

猫好き人間にとっては猫さえ出ていればちょこちょこ楽しめる。
しかし、メインの低迷小説家の再生物語としては猫の役割が微妙過ぎたかもしれない。

一つ明確な不満としてかなりの田舎をロケ地としたようだが、周辺ののどかな景観や自然をもっと盛り込み、猫と共に静寂な周囲の環境が作家の再生復活を促した。という構図がこちらにより強く伝わって来ればよかったように思う。

何かガツンとした衝撃でもあればというのは個人的欲求に過ぎないが、大きな起伏のないなだらかなストーリーを好む人には本作はいいかもしれない。

そうか綺麗な編集者と作家の恋仲が進展するものと思い込んでいたが、既婚者妊婦になってしまったんだね。それもまたある種面倒がなくていいと言えるのかも。


総評二つ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ