ここから本文です

ねこあつめの家 (2016)

監督
蔵方政俊
  • みたいムービー 129
  • みたログ 422

3.51 / 評価:319件

解説

スマートフォン用人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を基にした、不調が続く小説家と猫の交流を描く心温まる人間ドラマ。『ボクは坊さん。』などの伊藤淳史を主演に迎え、主人公の人生が猫との出会いを通して少しずつ好転していく様子が描かれる。メガホンを取るのは、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』などの蔵方政俊。猫たちの魅力的な姿に夢中になる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

小説家の佐久本勝(伊藤淳史)は若くして新人賞を受賞し、あっという間に有名になったものの、近ごろはスランプに陥って全く筆が進まない。思い切って気分転換にのんびりとした土地に引っ越してみたものの、相変わらず書けないままだった。ある日、彼が縁側で庭を眺めていると、1匹の猫が現れる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ