レビュー一覧に戻る
夜に生きる
2017年5月20日公開

夜に生きる

LIVE BY NIGHT

PG121292017年5月20日公開

一人旅

3.0

クライマックスの銃撃戦が凄烈

ベン・アフレック監督作。 米国人作家:デニス・ルヘインによる2012年発表の同名小説を、俳優業だけでなく監督業もこなしているベン・アフレックが監督・脚本・主演の一人三役で映画化した犯罪ドラマで、禁酒法時代のアメリカを舞台に暗黒街で成り上がってゆく男の生き様を描いています。 ちんけな犯罪者だった主人公がイタリア系マフィアに雇われ、時に冷酷な手段を用いて暗黒街での実力と名声を高めてゆく中、かつて最愛の女性を殺害した宿敵に復讐を遂げるべく仲間と行動を起こしてゆく姿を、主人公と境遇の異なる3人の女性達との関わりを軸に描き出した犯罪ドラマとなっています。 ベン・アフレックにしては凡庸な出来栄えでやや冗長な印象を受けますが、クライマックスの銃撃戦は迫力&緊張感満点ですし、一度足を踏み入れたら簡単には抜け出せない暗黒街のシビアな実情もしっかり描き込まれています。 主演のベン・アフレックの力演が見物ですが、主人公の人生に関わる女性達を演じたシエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、エル・ファニングの三者三様の演技も出色であります。

閲覧数744