レビュー一覧に戻る
パワーレンジャー
2017年7月15日公開

パワーレンジャー

POWER RANGERS

1242017年7月15日公開

d

2.0

戦隊・ヒーローものの良さを生かさない演出

ダメなところが多過ぎなので、良かったところから。 主役5人の個性はすごく良いと思う。 それぞれに悩みや問題を抱えて、人種も性別も違う5人や魅力的。 良かったのはこれくらいで、あとは戦隊もの、ヒーローものとしては残念なところだらけで、ちょっとショックを受けた。東映よ、これを許して良いのか? パワーレンジャーとは名ばかりのトランスフォーマー演出にがっかり。 戦隊ものやヒーローものには、彼らをカッコよく見せる演出がある。 一般的な戦隊ものの王道のストーリー展開が彼らを魅力的に見せる。 この2つが全く無い! ストーリー展開は、7割くらい主人公たちが団結して変身することに割かれており、戦闘シーンはラストまでお預け。スタンドバイミーのテーマを流してる場合じゃ無い。 しかもその戦闘シーンのほとんどをマシンに乗って戦っているだけで、スーツに変身しての肉弾戦が無さすぎる。これじゃトランスフォーマーを見ているのと変わらない!(トランスフォーマーネタもあった) ヒーローもマシンも魅せ方が酷すぎる。 何よりタメが無い! やっとのことで変身できた5人の最初の変身姿を見せるところなんて、なんの感動もない演出。5人揃ってカッコよく決めポーズをとってる様な絵面が見たいんだよ。 こういったヒーロー登場シーンなんてマーベルシネマティックユニバースがむちゃくちゃ上手にやってるのに、なんで参考にできないのか。 マシン達も、とにかくずっと動いてばっかりで、せっかくのカッコいい造形が全くわからない。トランスフォーマーよりもごちゃついてるデザインなのに、とにかく動きがありすぎる。 大きなモノほどタメや止めが必要なのに。 これも日本のアニメや特撮の影響を多大に受けたパシフィック・リムがむちゃくちゃ上手にやってるのに、なんで参考にできないのか。 ダサカッコイイ、王道感満点のパワーレンジャーのテーマもほとんど使わない。 製作陣は、日本の戦隊ものと自分の国のヒーローものを見直して出直しを。

閲覧数2,136