ワイルド・シティ

迷城/WILD CITY/謎城

102
ワイルド・シティ
3.2

/ 29

17%
17%
38%
21%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(6件)

勇敢15.4%かっこいい11.5%パニック11.5%ゴージャス7.7%コミカル7.7%

  • oce********

    2.0

    これといって特徴のない

    監督のリンゴ・ラムに加えて、ルイス・クーやショーン・ユーなどが主演だが、今一パッとしない中身。 警察と葛藤するルイス・クーの重みが、この映画の軽い内容には合っていない。 だから唐突に残酷なシーンを入れたりする意味がない。 このB級みたいな邦題もそれに輪をかけており、カーチェイスもアクションも中途半端と言わざるを得ない。 軽いと思ったら、終盤はシリアス一辺倒になる結末。 どっちかに寄せたほうが作品としては締まったかも。

  • 岡本達夫

    2.0

    ネタバレどうでもエエが市民に被害ありすぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    3.0

    ルイス・クーのダンス・シーンにはほっこり

     …大好きなルイス・クーの名前が見えたので観てみる。  …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ3件のみだ。  よっぽど人目に付かない作品なんだな。  マン(ルイス・クー)は、事情があって警察の仕事を辞め、今はバーを経営している。  ある晩、彼は、店で泥酔した見知らぬ女性・ユン(トン・リーヤー)を介抱する羽目となり、やむなく彼女を弟のチュン(ショーン・ユー)と義母の住むアパートの部屋に泊めることにするのだった。  翌日、凶悪な男たちが不意に出現してユンを車で連れ去ろうとしたので、マンとチュンは彼らの後を必死で追いかけ、乱闘を繰り広げる事態になるのだった。  実はユンは、香港の裏社会のボスから、組織の闇金である大金を持ち逃げしていたのだった……。  裏社会のボスの上には悪徳弁護士野郎がいて、この弁護士野郎が裏社会のボスに便宜を払って貰うために、自分の恋人のユンを裏社会のボスに差し出したのだった。  で、裏社会のボスがユンを手籠めにしようとするのだが、ユンが抵抗してボスを突き飛ばしたら、このボスは後頭部をいずこかにぶっつけて大怪我を負ってしまうのだった。  その際にユンが組織の闇金を盗んで逃亡したので、ボスが台湾の殺し屋チームを雇って襲撃させたのだった。  この台湾の殺し屋チームはなかなか結束が固くて、マンたちを追い詰めた際に兄貴分の1人がボートのスクリューに巻き込まれて死んでしまったので、復讐心を煮え滾らせて、青龍刀のようなものを振り回してマンたちを追い詰めるのだった。  追われるマンたち一行は、マンは根っからの正直者の生真面目な性格だが、元警官だけあって腕っぷしは強く、弟のチュンはお調子者のお道化たタクシーの運転手だ。  どうやら2人に血の繋りはないようだったが、2人とも養ってくれた母ちゃんが大好き人間で、2人のバディ感はなかなか爽やかだったな。  トン・リーヤーという女優には初めて接するが、スタイル抜群のなかなかの別嬪さんだったな。  そんな彼らがお定まりの巻き込まれ型の騒動の顛末が描かれているだけだが、派手なカーアクションはあり~の、熾烈な追い駆けっこはあり~の、復讐の鬼と化した野郎との肉弾戦はあり~ので、なかなか愉しませてくれたっけな。  で、サイモン・ヤムも登場したので嬉しくなったが、出番が少ないのは不満だったな。  ルイス・クーのキッチリ7:3に分けたヘアースタイルと端正な顔立ちは見飽きなかったし、なんといっても、彼が母ちゃんと公園でダンスをするシーンにはほっこりとさせられ、一見の価値は十分ありの3.4点といったところかな。    (メモ 総レビュー数:2998件、2018年度183作品目)

  • kad********

    3.0

    「金が悪人を生む。」ハードボイルドな香港映画

    【賛否両論チェック】 賛:元刑事の主人公が、偶然出逢ったヒロインによって裏社会の騒動に巻き込まれていく姿が、ハードボイルドなアクション満載で描かれていく。金に溺れる人々の悲哀が印象深く描かれているのも特徴的。 否:シリアスなはずなのに急にコミカルになったりと、若干どっちつかずの印象。人間関係も分かりにくく、展開もややご都合主義か。  刑事を辞めた主人公・マンが、追われる身の女性・ユンと偶然出逢ったことから、弟代わりのジュンと共に裏社会のトラブルに巻き込まれていく様が、迫力のアクションと共に描かれていきます。  拝金主義の社会にあって、大金を手にしたがために追われるユンや、そんな彼女を金のために執拗に追う台湾ヤクザ達、そしてジュンですらも 「母親に楽をさせられる!!」 と、汚れた金に手を出そうとする様子もまた、切なく描かれていくのが印象的です。  シリアスなシーンで急にコミカルな演出が出てきたり、相関関係が分かりにくかったり、かなり強引な展開だったりと、難点は結構あることは否めませんが、刑事ドラマやサスペンスが好きな方には、向いている作品といえるかも知れません。

  • mas********

    4.0

    巻き込まれまくり。。。

    古天楽の出演もの多いですね。 この主人公の巻き込まれっぷりが涙です。 香港モノお得意のカークラッシュ、チンピラの暴れっぷり。 警察官かチンピラが主人公の作品多いよね。 それにしても、巻き込んだ大陸女子の図々しさに笑っちゃったよ。 ショーンの役のおバカっぷりも香港モノだね。 広東語と北京語まぜこぜの映画でした。 サム・リーとマイケル・ツェのどうしょうもない役柄の登場に涙しました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ワイルド・シティ

原題
迷城/WILD CITY/謎城

上映時間

製作国
香港

製作年度

公開日
-

ジャンル