レビュー一覧に戻る
グースバンプス モンスターと秘密の書
2017年1月7日公開

グースバンプス モンスターと秘密の書

GOOSEBUMPS

1032017年1月7日公開

ang********

2.0

ネタバレいや悪くはないんですが、何と言うか、こう

レビュー1861作品目。WOWOWシネマにて視聴。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。 「童話作家の書いた本の、主人公キャラ達がリアルに出て来る」 「だから、決してその本を開いてはいけない」 で、何やかや・あれやこれや・そんなこんなでハッピーエンド 捻りも何も無い・・・ いや、面白い事は面白いんですよ。 多分私が15歳以下なら満点付けていたかも。 でもねえ。私も、もう還暦ですし。 我慢出来ない所は、目に付いてストレスと言うか何と言うか。 ・何故、そんな厄介な本を部屋に放置していたのか 「この本を開けたら雪男が出て来て破壊の限りを尽くす」と解っていたなら 普通なら、燃やすorコンクリート詰めして海に沈める。 最低限でも何重にも鎖を掛けて金庫に入れておくでしょう。 なんでまた、リビングにポンと置いとくねん。 これはもう「不幸な事故」では無く、人災としか。 後は、ドタバタ過ぎて、街がもう大被害。 ゴジラでも通ったんですか状態。 なのに、犯人二人(そもそもの小説家と、その本を開いてしまった主人公)は 何事も無かった様に通常生活に戻っている。 小説家に至っては、学校の臨時先生になってるし。 挙句に。ティーン向けの映画のせいかどうか、 本に戻っていったヒロイン枠のキャラまで現実に戻ってきて 主人公とらぶらぶエンド。 ご都合主義が天元突破。 うーん、これは無いなあ。 こんな設定が「正義」として表現されるのであれば、 もう全米が自己中心的な人間の集まりになってしまう。 なので、私のレビュー点数は★2で。

閲覧数369